階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

金沢将棋レベル100制覇。  

2012年の3月半ばころだったか、将棋に興味を持ち始めて
最初は3月のライオンの2巻で二階堂くんが将棋のルールを説明しているページを見ながら指し始めた私。

最初は二枚落ち下手でも勝てなかったiPhoneアプリ(Androidもある)の金沢将棋レベル100のレベル1に
初めて平手で勝てたのが2012年4月8日でした。

※Flash Playerのインストールされていない環境では棋譜再生画面は見られません。
その場合は棋譜データをどうぞ。

■2012年4月8日先手:もりやん 後手:金沢将棋Lv1
棋譜データ

ご覧のとおり、むちゃくちゃです。
ここから1年間でレベル25まで進めたので
「じゃあ単純計算で4年でレベル100までいけるかな?」と思ったのでした。

そして2015年10月17日、レベル1に勝ってから3年半後、とうとうレベル100に勝てました!

写真 2015-10-18 0 23 35


やった~~~~!
コンスタントに金沢将棋と指していたわけではなく、
行き詰まったり飽きたりして将棋ウォーズばっかりな時期もあり、
断続的に、という感じでした。
4年でレベル100というのも、最初の1年で25までいったからというだけで
ゆるーい目標みたいなものっていうか。

それが秋になって再開して、また行き詰るまでと思ってたら
レベル70台から80代に、そしてとうとう90台に…となってまして。

というわけで対レベル100の棋譜も掲載します。
上のレベル1との将棋(?)を見ると、大人になっても人って成長できるんだなあとじんわりきます。
「将棋を指すなんて無理」と思っている方、ぜひ私のレベル1の棋譜を見てみてください。
きっと「自分もできるかも!」と思っていただけると思います(笑)


■2015年10月17日 先手:もりやん vs 後手:金沢将棋Lv100棋譜データ
寄せあり!と踏み込んだあと気持ちよく寄せられました。

■2015年10月17日 先手:金沢将棋Lv100 vs 後手:もりやん棋譜データ
色々と反省点があるものの、一度で勝てたのはびっくりでした。これで金沢将棋レベル100制覇!!

とはいえ、反省点が多かったので、もう一度。

■2015年10月18日 先手:金沢将棋Lv100 vs 後手:もりやん棋譜データ
これは文句なく快勝。

見ていただくとわかると思うのですが金沢将棋特有の指し手というのがあって
それに私が慣れているので、人相手ではこういう展開にはならないとは思うのですが、
それでも3年半金沢将棋にたくさん鍛えてもらいました。

去年だったか金沢将棋2(iphone版/Android版もリリースされました。
こちらはレベル300まであるそうなのですが、さすがにしばらくはもういいやという気分です(笑)

次の目標は…何にしましょうかね~
スポンサーサイト

category: 自分の将棋

tb: 0   cm: 0

数だけは指してます。  

ちょっと前に実際に盤を挟んで将棋を指す機会がありました。
2012年春に将棋のルールを覚えて2年ちょっとが経ちましたが
盤駒を使って将棋を指したのは本当に数える程度です。
最近はもっぱらアプリの将棋ウォーズで遊んでばかりで、
今年に入ってから一局も指さなかった日って、たぶんないんじゃないかというくらい、数だけは指してます。

おかげで(?)将棋ウォーズで2級になったものの、2級から落ちないようにするのが関の山。
課金期間が切れそうになると
「しばらくウォーズはやめて、また金沢将棋でお勉強しよう」
と思うのですが
負けると悔しくて、つい…(笑)

将棋ウォーズやり始め当初は居飛車振り飛車(四間飛車)どっちもなんとなく指していましたけども
その後「なんとなく居飛車」党に。
でも居飛車党とか振り飛車党とか、特にこだわりがあるわけじゃないです。

で。
実際に盤を挟んで指す集まりでは、今回は人数が少なかったために組み合わせでいきなり
アマチュア有段者(たしか四段とか)の方に教えていただくことに。
ひいい。
しかも私が駒落ちの経験がないため、平手で。
ぎゃー。

それはもう、それはもう見事にあっという間に負かされました(笑)
序盤相手は振り飛車で来るかな?と思ったら居飛車のようで、
結局こちらは矢倉に組んだところで相手が飛車を中央に。
ぎゃー。
ここですでに内心「うっ」と思ってます。

そしてそのあとすぐ、玉を入城したのが敗着と局後に指摘されました(>Д<;)
悠長に入城している場合ではなかったと。
確かに直後に仕掛けられてすぐに困ってしまった(その時は気づいてなかったけど)ので。
局後指摘されてその時は「そうかーなるほどー」と思いますけど、
指しているときに「今ここで仕掛けられたら困る」と自分で気づけません。

でも自分より圧倒的に強い人と指すことで
明らかに見えている世界が違うのを実際に体感できて貴重な経験でした。

あれですね。
昔のドラクエの洞窟で私がたいまつも持たないで暗闇をうろうろしているのに対して
強い人はレミーラを使っている感じです。
せめてたいまつを使えるようになりたい。

category: 自分の将棋

tb: 0   cm: 0

金沢将棋レベル27先手  

って、えーっと。

…あまりに何も言及しないのも不自然極まりないので、
メールフォームからいただいたメッセージで意見を尋ねられましたので
それにお答えしたものを載せることで、今の自分の考えを示したいと思います。

---------------------------------------
さて、名人戦は…
残念の一語に尽きます。
これからの羽生さんの棋士人生が今までと違ってくるか、ということですが…
正直なところさっぱりわかりません。
ブログをご覧いただいているのでご存知かと思いますが私は羽生ファンになってまだたかだか1年で、
これまでの羽生さんの歩みは記録でしか知りません。
結果として常に勝ちまくっているとはいえ、けして平坦な道のりではなかったのではと想像します。
なので、うまく言えませんが、そこは羽生さんのことですから、なにかがあるんじゃないかと期待してみたいと思っています。
---------------------------------------

さて、ということで。
対金沢将棋レベル27。私が先手です。

終局後に一度ひととおり自分で振り返ってみてから
iPad miniに入れている柿木将棋for iPadのヒント機能で
指し手ごと形勢などを判定してもらいました。

※Flash Playerのインストールされていない環境では棋譜再生画面は見られません。
その場合は棋譜データをどうぞ。

先手:もりやん vs 後手:金沢将棋Lv27棋譜データ

うまく行ったと思ったら完全に勘違いでした…><

category: 自分の将棋

tb: 0   cm: 0

再び金沢将棋 Lv26  

色々他に書くことあるだろう、ってのをすっ飛ばしまして、久々に自分の将棋です。
(義務みたいに感じるようになったら書けませんし、そもそも気まぐれなので、基本的に書きたいことだけを書きます。)

久々に、というのは書くのが久々というんじゃなくて指すのが久々です。
前回書いてから指していなかったんですね。
ただ漫然と指すのがイマイチなんじゃないかと将棋ウォーズを控えてたら
どうぶつしょうぎウォーズをやるようになってしまい(意味なし)
そして指さない期間が長くなると将棋を指すことに怖気づいてきちゃうんですね。

というわけで久しぶりなので、前回最後に勝ったのと同じレベル
金沢将棋のレベル26の先手を持って指してみました。

最近はずっと観戦でハラハラドキドキしてばっかりだったわけですけど
やっぱり指すのも面白いんですよね。
自分が指してハラハラドキドキ。
もともと手が冷える末端冷え性な私ですが、将棋を指してて緊張すると
どんどん手が冷えていくのがわかります。
始めたばかりの頃、手が震えてましたからね…
(わー羽生さんみたい、とか思ってましたけど、手が震える意味が全然違う(笑))

自分としてはなかなかうまく行ったかな、と思うので
リハビリとしては御の字かなと(^^)

終局後に一度ひととおり自分で振り返ってみてから
iPad miniに入れている柿木将棋for iPadのヒント機能で
指し手ごと形勢などを判定してもらいました。

※Flash Playerのインストールされていない環境では棋譜再生画面は見られません。
その場合は棋譜データをどうぞ。

先手:もりやん vs 後手:金沢将棋Lv26棋譜データ

わかってましたけど、終盤力がなさすぎるので
詰め将棋やろうと思いますっ

category: 自分の将棋

tb: 0   cm: 0

将棋ウォーズ(2)  

昨夏にやりはじめたものの、
中飛車に勝てないと気付いて9月から3ヶ月間ぱったりとやらなくなってた将棋ウォーズ
去年の大晦日に再開して一ヵ月半が経ちました。
一回やり始めるとなかなか止まらなくなってついつい課金して
プレミアムユーザーに(350円で1ヶ月間無制限に指せる。一般ユーザーは3局/1日)。

3ヶ月の間に色々変わった模様で、PC版がリリースされたりしたようです。
昇級昇段規定も変わったようで、再開時には13級だったのが
わりとサクサク昇級して1月13日に5級に。
ただしそこからぱったりと上がらなくなりました。
そこが私の現時点の実力、ということなんでしょうか。

それから約1ヶ月間で100局ほど指して、この連休中に4級に昇級しました(*^-^*)
対局に勝つと相手や将棋の内容に応じて(?)レーティングというか、
級の達成率というものが上がっていくんですが、
負けると下がるんですねこれ。
せっかく80%台になって、あともうちょっと!と思っても
その後連敗して60%台…なんていうのを繰り返しました。

指すばっかりが先行して、振り返って考えてみる作業をあんまりしなかったのもあって
実力が上がっている感はまるでありませんが、
目に見える形で成果が見えるというのは、やっぱり励みになりますね~♪

私は定跡など知らないし、戦法も…?という感じでありますので
序盤間違えて11手で終るというとんでもなく無残な結果もありつつ、
まあ、少しずつでも前進しているのかなあと思います。

現在の私の勝率などは…

写真

写真2

という感じでございます。
初心者心得として「得意戦法をみつけよう」というのがありますが
指してみなけりゃわからないということで居飛車(矢倉か、相手が振り飛車なら舟囲い)振り飛車(四間飛車)
をやってみてるのですが、今のところどっちということもなく…
画像の得意戦法と得意囲い見ると振り飛車党のようですが
今のところどっちも良くわかりません、というのが正直なところ。
ただ、美濃囲いは手数がかからなくて安心感がありますねえ。
矢倉に組もうとして途中で仕掛けられたりすると、どうしたらいいかわからなくなったりします(^_^;

囲いや戦法のカードが集められるのも将棋ウォーズの特色ですが
こちらはことさら集める気はないのですが、
気がついたら囲いが13/37、戦法が6/70、そして手筋が6/9と、
集める気がないにしては案外集まってます。
定跡を知らないがゆえに、あれこれやってたらカードゲットできてた、みたいな(笑)
この間なんか焦って二回連続でタップミスしたところで
なんと「藤井システム」のカードが出てきてビックリしました。
私、藤井システムって、”居玉のまま居飛車穴熊を速攻で退治する戦法”ってことしか知らないんですよ…(汗)


さて、4級に昇級したところでキリ良くというか、課金期間が終了しました。
しばらくはまた将棋ウォーズは一般ユーザーで、
金沢将棋で時間をかけて指すほうも再開したいと思います。
早指しの将棋ウォーズも沢山指せていいですが、両方やるのがなんとなくバランスいい気がしますので。

では4級昇級ちょっと前の棋譜を恥とともに晒そうと思います。
自分でコメントしてますが、強い方から見たら
とんでもない見当違いのことを言っていたりすると思います。
でも、(無論正しいにこしたことはありませんが)間違いながらも自分の頭で考えるのが大切なのかな、と。

※Flash Playerのインストールされていない環境ではflash画面は見られません。
その場合は棋譜データをどうぞ。

先手もりやん 将棋ウォーズ5級vs後手同じく4級の方棋譜データ
2013年2月10日
相振り飛車で一方的に攻められて絶体絶命になったものの逆転勝ちしました。

先手将棋ウォーズ3級の方vs後手もりやん同じく5級棋譜データ
2013年2月10日
今度は相居飛車。負けました。

先手将棋ウォーズ4級の方vs後手もりやん同じく5級棋譜データ
2013年2月11日
相振り飛車。これに勝ってその次負けて、その後2連勝で4級に昇級しました。

category: 自分の将棋

tb: 0   cm: 0

敗局。  

お正月もあけて皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は1月6日にとちぎ将棋まつりへ行ってきました。
森内名人、郷田棋王をはじめとした豪華な棋士の先生方による席上対局など
それはそれは楽しく、それ以上にtwitterでフォローしていた将棋クラスタの方々にごあいさつできたのが
とっても幸せなひとときでした。
しかも帰りの新幹線ホームで郷田棋王、井道女流初段とお会いしてしまいました!!!(≧∇≦)

…で。
そのレポートをお伝えしたいところではありますが、
…諸事情により将棋まつりのレポートは後日気が向いたら…ということで…

年末年始と将棋ウォーズを3ヶ月ぶりくらいに再開して負けまくっています。
勝局ばっかり載せていたので、金沢将棋と将棋ウォーズでの敗局の棋譜を掲載しようと思います。
しかも、もうちょっとで勝ちだったのに負けたという胃がヒリヒリするような敗局です(- -)

指した将棋を振り返るなら勝局よりも敗局を振り返ったほうが勉強になりますよね。
もっとボロボロに負けた将棋を振り返るべきなんでしょうけど(遠い目)
(棋譜再現にはFlash Playerがインストールされている必要があります。)

▲金沢将棋Lv23 vs △もりやん
(棋譜データはこちら
2012年12月22日

▲もりやん(将棋ウォーズ10級) vs △相手(同4級)
(棋譜データはこちら
2013年1月4日

新年明けて一番最初の対局は勝てたんですが。が。


敗局だけじゃ景気が悪いんで、最後は勝局で終りましょう。
昨日寝つけなくて夜中に指した一局ですが。

▲金沢将棋Lv23 vs △もりやん
(棋譜データはこちら
2013年1月8日未明

category: 自分の将棋

tb: 0   cm: 2

金沢将棋Lv20(二枚落ち)とLv23先手  

はい、また自分の将棋の棋譜(勝局)晒しです。

私が使っている金沢将棋レベル100 for iPhoneはレベルが1~100まであるのはもちろん
二枚落ちまでの上手・下手駒落ちから先手・後手までが選択できます。

駒落ちや、平手でも待ったを使ったりすると勝ったレベルのところに銅メダルマークがつきます。
先手(待ったなどなし)で勝てたら銀メダル、後手で勝てれば金メダルです。
さらに二枚落ち(それ以外の駒落ちはやったことがないので不明)の上手で勝てたら玉メダルがもらえます。

写真
こんな感じ。

で、基本的に先後とやって、5レベルほどの間隔で二枚落ちの上手を持ってやってみてます。
弱いのに駒落ちの上手って…て感じではありますが、これはこれでやってみると
いきなり攻めるということが不可能で、守りを意識せざるを得ないので、結構いい勉強になる気がします。
ということで、今回はレベル20の二枚落ち上手にチャレンジ(^^)

※駒落ち…ハンデ。強いほうが駒を減らして(=落として)戦います。落としたほうが上手(うわて)、落とされたほうが下手(したて)といって、棋譜再現の画面では上側になりますが初手は上手から指し始めます。
※二枚落ち…飛車と角を落とします。他にも強さにあわせていろいろ。

上手:もりやん 下手:金沢将棋Lv20(二枚落ち)
2012年12月12日
(△と▲はどっちが上手・下手なんだろう…)

そして年賀状の印刷をしている間にレベル23の平手(先手)戦。
三間飛車初対面!でした。
途中までかなり絶望的な気分になったんですが…うーん。

▲もりやん △金沢将棋Lv23
2012年12月15日

category: 自分の将棋

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。