階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『蒼天の蝙蝠』  


荒川弘氏の読切、『蒼天の蝙蝠』読みました。

土曜は仕事で、しかも業後は送別会の予定。
手に入るか心配だったので、金曜に早売りで買ってきましたガンガンカスタム。

月刊とはいえ連載持ちながら、
しかも隔月刊かなんかの連載も同時に控えてる中での読切。
さぞかし忙しいんでしょうねえ。

読んだ感想は…
現在連載中の主人公(エド)と真逆のキャラを描こうという趣旨は伝わりましたよ、と。

蝙蝠丸⇔エド
黒髪⇔金髪
女⇔男
人を殺す⇔人を殺さない
受動的⇔能動的
和⇔洋

物語に関してはそんなに触れるようなことはないです。
戦闘シーンは迫力ありました。
女性で迫力ある戦闘シーンを描けるのって、高橋留美子氏と荒川氏くらいですよね。
スポンサーサイト

category: 鋼の錬金術師

tb: 0   cm: 0

ある漫画馬鹿の一週間  

11日に
”翌日から残業が続くから1日早くガンガンを手に入れて読みたい!”
とか書いておきつつ
13日はハチクロ最終巻に泣き、
14日は絶対可憐チルドレン6巻が読みたくてまたも九段下で途中下車。
しかもそれだけにとどまらず『超こち亀』 『さよなら絶望先生5巻』 『週刊石川雅之』も購入。
いや、残業はほぼ予定通りあったんですけどね(=▽=)

にしても『週刊石川雅之』は地元じゃ売ってなさそうだからいいとして
どのみち読む時間のない『超こち亀』と『絶望先生』は
別に今買わなくていいんじゃ…と思わなくもなかったのですが。

で、帰って食事やらなにやら済ませまして、さあ読むぞ、と。
当然『絶チル』を手に取るものの、その前に『超こち亀』が目に入ったので
せっかくだからパラパラと見てみる…見て…うおおおおおおおお。なんだこりゃー!

いや、ホントにまだちょこちょこっと掻い摘んで斜め読みしただけなんですけども
これはものすごいですよ。なんというか、ある種の奇跡ですよ。
実は週刊少年ジャンプを読み始めて、約20年経つ(正確にはわからない)身としては
このすごさに打ち震えます。感動で涙ぐむ始末!!
泣かせる内容じゃ全然ないのにー!(笑)
テリーマンがっ!(いやさすがに連載時読んでませんが)フリーザがっ!!
先輩ときわ荘住人に絵と描き手とは別物である現実を教えた水野英子ガッッ!!(爆)
そして今をときめく荒川弘が!
サンデー系の作家がもっと参加してたらもっと良かったのに。
同じ一ツ橋グループなんだし。
単に仲のいい人がサンデー系にいないってだけ?
てことは秋元氏と荒川氏とは親しいということなんでしょうか??(接点が…)

まあそんなことはともかく。
『超こち亀』はホントにすごい。
漫画好きを名乗るなら、これを買わなきゃウソだ!!
私も時間をかけてじっくり読みたいと思います。
CD-ROMなんかついてなくても、これで¥2000(税抜)は安すぎる…!

そして一緒に買った『週刊石川雅之』も面白すぎました。
ばかだ、この人絶対ばかだ(笑)(←褒め言葉)

category: 漫画

tb: 0   cm: 0

早売り!  

鋼話つづきですみません。
ハリーネタで書きたいこともあるので、そちらは近いうちに。


月刊少年ガンガンは毎月12日発売です。

でも、明日から残業が続く予定だから、今日読みたいなー。
早売りの本屋ってどこにあるんだろーなー、いいなあー、どっかないかなー。
とかなんとか、仕事の合間に思ってたんですが(真面目に仕事しろ)、
むしろ何故今まで思い浮かばなかったのか。
毎日九段下で乗り換えているというのに!

はっ!そうだ!!あそこなら十中八九あるに違いない!
と、帰り道に九段下で途中下車。
知ってる人は知ってる
ヲタク御用達某書店へGO。
そして案の定GET。わあーい。

10月号

…これから毎月お世話になります(笑)

さーて読もうっと

category: 鋼の錬金術師

tb: 0   cm: 0

全プレ  

ガンガンの全プレ、鋼のペンケース&シャーペンセットが届きました。

ペンケース

クリックで拡大


思っていたよりも、かなりしっかりした作りでいい出来のグッズです。
もっとペラペラてかてかなビニール製かと思ったら、合皮でしたよ。
シャーペンもなかなか。
でもまあ、シャーペンて使わないんですけどね私。
鉛筆かペンなんで…。

ペンケースのほうは、かなりゆったり大きめサイズなんで
化粧ポーチとして会社に持って行きます。
てゆーか先週友達のアトリエに化粧ポーチ忘れてきたっぽいので、もう既にコレ使ってます。
自ら踏み絵を持ち歩く女です。ふふふふふふふふ(爆)
バッグから出さなきゃわかりませんから!大丈夫!!

エドとアルのチャーム?というんでしょうか、これがカワイイんですが…

おできエド

なんてこと!エドの口元に謎のおできが!!(泣)
うわーん、ひどいよ… _| ̄|○

しかしこれ、いつ応募でしたっけ…。確か、春…?
8・9月号の金属製しおりも2月分応募しましたけど、届くのは11月とか。
金属製しおり好きなんで、届くのが楽しみです。

category: 鋼の錬金術師

tb: 0   cm: 0

鋼ロケット  

つくばに行ってきました。
先生の個展を見に行ったんですが、ついでなのでつくばエキスポセンターにも寄りました。
そこでこんなのがあったので写真を撮りました。

ゴダードの液体ロケット模型
クリックで拡大

ゴダードのロケット(1/8模型)

1926年に打ち上げられた世界初の液体ロケット。ガ
ソリンを燃料とし、高度13m、飛行距離56m、飛行
時間2.5秒を記録した。


おおおー。
なるほど、これがアレかー。

category: 鋼の錬金術師

tb: 0   cm: 0

人はそこを人外魔境と呼ぶ  

起きて新聞を手に取ったら一面に
目下開催中の某イベントのことが書かれててビックリしました。

最近池袋とかもやたらテレビで取り上げられるのを見ますけど、
放っておいてやってくれ…!といたたまれない気持ちになります。
真面目な報道番組でも取り上げられてるのを見たことがありますが、
まったく理解も知識もないであろう某コメンテーターが
「空想の世界に逃げ込むんじゃなく、現実を生きて欲しいですね」
みたいなまるで見当違いのコメントをした時は、
ホントにいたたまれませんでした(笑)

私はいわゆる腐女子じゃありませんが、
空想のボーイズラブに浸る女子なんか、大昔からいるわけで。
今現在がああいう形になっているってだけ。
過剰に取り上げて「現代社会の病巣」扱いするのはどうかと思いますよ…。

さてさて、某イベントに話を戻して。
私はもう何年も行ってませんけど、
あのイベントのすごさの記憶は薄れません。
500mlペットボトルのポカリを5本飲んで、それが全部汗で出たりとか(遠い目)。
天気がいいと大変です。
嵐でも大変でしたけど、どちらかというと嵐のほうがまだマシなくらいに
カンカン照りの夏のあのイベントは過酷です。

中でも一番過酷な3日目最終日。
男性参加者数が圧倒的になるこの日は暑さがよけいに半端じゃなくなります。
そして「この日何かあっても他のジャンルは無事」になるよう
比較的”問題を孕んでいる”ジャンルが集められてます。
殺気立ってる参加者も多いです。

今回そんな最終日に小学生向けのアニメ声優イベントを
企業ブースで開催するという告知を某社が少女漫画誌上でしたらしい…。
(『ヒューズの遺産』さんより)

………。

イベントを熟知してる大人の参加者でも辛いのに。
結婚後も活動を続けてて子連れで参加するだけで白い目で見る人がいるのに。(子供が危険だから)

そこに、イベントに無知な親子連れが大挙して押し寄せる…と。
何考えてるんだア○プレックス _| ̄|○

どうなるんだろう、明日…。
私はお家で皆さんとイベントのの無事を祈ってます。

category: 漫画

tb: 0   cm: 0

コナン実写化  

チカさんのサイトで知ってビックリ。
しかもコナン役がアルフォンス・ハイデリヒの小栗旬ってどーゆーこと!?
と思ったら、”エピソード・ゼロ”ってことで
幼児化する前の新一の話らしいです。

えーと、幼児化する前ってことは、じゃあ、
頭の切れるホームズオタクの高校生探偵が事件を解決する青春ドラマ、ってことですね。
…それって、コナンでもなんでもない気が…(笑)
小栗旬って、劇場版『鋼』のDVDの映像特典で見る限り、
あんまり押しの強そうな人に見えないけど…自信満々な新一をやるとどうなるのかな。

category: 漫画

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。