階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第14章 P.261~283  

第14章『Felix Felicis』

章タイトルを見て、「ええ~、もう使っちゃうの?」と思いました。
絶対クライマックスに関わりそうな魔法薬なのに。
でもまあ、修羅場をラッキーでくぐりぬけられても、それはそれでゲンナリですけども。

不気味な植物と格闘中の3人。
ハーマイオニーまでらしくなく、おしゃべりしてて遅れを取ってます。
巨大ないそぎんちゃくみたいな切り株の真ん中に、膿のつまった”さや”があるみたいな植物ですね。
うーん、気持ちわる(^^;
ハリーが口でもごもごしてるgumって、マウスピースみたいなもの?
この作業のうえでなんのために必要なのか、いまいちわかりません。

ハリーが飛んで行っちゃった”さや”を拾いに行ってる間に、
二人がいい感じの雰囲気になってしまって身の置き場のないハリーが初々しいですね(笑)
動揺して、しかも、間が悪い(笑)

さらに二人が付き合って、別れちゃったらどうなるんだとか
付き合い始めて、そのまま2人がくっついちゃったら、自分はのけ者?!とか
一人で勝手にもんもんとしてます(^_^;
家族のいないハリーにとって、彼ら2人は本当にかけがえのない存在ですからねぇ…
勝手に色々妄想して不安になるのも無理はありませんけど…でもねぇ(笑)

で、ハーマイオニーがロンをクリスマス・パーティにさそったのはいいとして
ハリーは誰を誘うんでしょうねえ?
ジニーはもともと招かれてるでしょうし(そしてディーンを誘うでしょうし)、
他の誰か…うーん?

と、そんなことを思ってたら、なんとまあ、ジニーとディーンの熱々キスシーンにばったり!!(笑)
「fiercely」って!!
今まで「怒る」とかの修飾には使われてきましたけど
まさかこんなところでこの単語と出くわすとは(^^;
うわー、ロンとジニーの壮絶な言い合い(それにしてもジニーは言いすぎ)を制しながら、
人知れず自分の内なる怪物と戦うハリー。
しかもまだ自分の気持ちを否定しようとするし!
いや、というか「She's out of bounds」て!!これはもう完全に自覚してますね(汗)
うーわー、ど、どうなるんだ(大汗)

しかしそんな中でもキャプテンとして皆を鼓舞したり叱ったり、大変だなあ…。
ロンは完全に落ち込んじゃうし…。
ハーマイオニーがクラムとキスしたかもしれないからって、一体なんだっていうんだ(汗)

ロンをどうにか励まそうと、一計を案じるハリー。
え~、こんなことに使っちゃうの!?!?
…と思ったら!まんまと一杯ハリーに食わされました(笑)
そうですよね、ドーピングして勝つなんて、いくらなんでもハリーらしくないと思いました(^^;
それに、”ラッキー”にしたって天気にしても、スリザリン選手の欠場にしても、
ロンがジュースを飲んでからのことじゃないですし。…してやられた!(笑)

んで、ハリーがそんな企てまでしてロンを励ましたのに
またしょーもないことでハーマイオニーに食ってかかるし…

と思ってたら、それどころじゃありませんでした。


ロン、最悪。

…ハーマイオニーが素直に怒りをぶつけただけ、まだ、救いがあるような気もしますけど…
ていうか、ビバリーヒルズですか、ここは(- -;;

すっかりロンの最低な行動で忘れ去りそうになりましたが、
試合中、ドラコは何してたんでしょうね?
代わりに出場してたHarperの反応を見ると、どうやらホントにお金をもらってそう。
ホグワーツ特急以来ドラコが完全に沈黙しているのがかえって気になりますねえ。


あーもー、それにしても、ロン、最っ低。
スポンサーサイト

category: ハリー6巻感想

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。