階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Tata Steel Chess Tournament  

羽生名人が年末年始に参加されていたRilton CUPは、4勝3敗2分でIMノームの獲得ならず、ということで
IMのタイトル獲得は早くても1年後に持ち越しとなりました。

将棋界も6日からさっそく公式戦が再開、順位戦など好局目白押しですが、
羽生名人の対局は、今月は朝日杯と竜王戦1組ランキング戦のみ…
しばらく羽生将棋が観られないなあ~と思っていたら…

現在オランダで開催中のチェス大会、Tata Steel Chess Tournamentの中継動画に
突然羽生名人が登場されたと知り、ビックリしました。
Youtubeの公式チャンネルで羽生名人のインタビュー部分の動画が公開されています。

【Tata Steel Chess 2015 - En passant - Yoshiharu Habu】



休暇満喫中ですね…(笑)

他の将棋ファンの方からのご指摘や、
チェスに詳しい方からチェス用語について教えていただきながら
翻訳したものを下記に載せます。
それにしても羽生さん、とっても楽しそうにインタビューに答えられてますね(*´ ω ` *)

(※)は訳注です。

------------------------------------------------------

■大会初日(※1/9)にスペシャルゲストをお迎えしました。日本の将棋トッププロ棋士、羽生善治さんです。
■ここへはどういった目的で?

羽「チェスの(トッププロが戦う)大きな大会を観たことがなくて、今回スーパーグランドマスターたちのゲームを観られる貴重な機会なので。とてもワクワクしています。」

■スーパーグランドマスターたちとは会えました?

羽「ええ、幸運にも参加者と同じホテルに泊まれたので、選手とも沢山会えました(笑顔)」


■チェスと将棋の共通点は?

羽「一番の共通点は玉・飛車・角の3つの駒と同じ動きをする駒があることで、一番違う点は将棋は一度取った駒を使えることですね。でも3つ同じ駒があるというのは、非常に大きな共通点だと思います。」

■チェスはプレイします?

羽「はい、15年くらい前から。あるフランス人男性から教わって指し始めました。で、時々インターナショナルオープントーナメントに参加しています。」

■イロ・レイティングは2400くらいでしたっけ?

羽「はい。2400くらいで、FIDE Masterです。」

■私が知る限り、遅く始めたにしては非常に素晴らしい成績ですが、もっと若いころから始めていたら…と考えたことは?

羽「うーん…どうでしょうかねえ…」

■レイティング2400というのは大変非凡な成績です。

羽「ええ、その、なんと言ったらいいんでしょうか、チェスを指すにしても、将棋の経験が活かせるということはあるんです。例えば長時間プレイすることに慣れているとか。将棋では1日、場合によっては2日制のこともあるので。長時間のゲームでも苦になりません。あと、どう考えたらいいのかとか、局面の評価の仕方であるとか、そういった将棋で培った能力をチェスボードの上で活かそうとしています。興味深い試みだと思っています。」

■将棋はよりtactical(※戦術的。読みを重視する感じ?)であり、チェスはよりpositional(※チェス用語だそうです。tacticalと対をなす語で、形を重視する感じ?)だと思いますが、どちらがより面白いですか?

羽「何と言ったらいいんでしょう、その、どちらも素晴らしいゲームですが、両者を比較するとある点では全然違うということがあります。例えば先ほどおっしゃったように、チェスは序盤がとても激しいですが、エンドゲームになるととても穏やかになります。将棋はそれとはまったく違っていて、序盤はとても静かですが、終盤はとてもtactical situation(※正確な読みを必要とされる状況?)になります。
チェスと将棋を戦術面であるとか、歴史的経緯であるとか、定跡の進化といった点で比較すると共通点を見出せます。
例えば将棋では古い戦術においては中央の天王山が最も大事だとされていたのですが、近年では主導権を握ることのほうがより重要だとされるようになりました。チェスでも同じことが起こっていますよね。今日の試合でも黒番が中央をpassして(※位を放棄して?)カウンター攻撃を狙うといったゲームがいくつか見られました。
時折そういった共通点を見つけては非常に興味深く感じています。」

■(プレイヤーとして)チェスボード越しにあなたを観ることはできるでしょうか?(※こういう大きな大会でプレイするあなたの姿を観られる日が来るでしょうか?というような意味かと)

羽「あはは(笑)そうなるといいんですが、それはかなり難しいことですね(笑)でも、今後もチェスはプレイしていくつもりです。」

------------------------------------------------------
スポンサーサイト

category: チェス

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。