階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『鋼』小説版2・4巻  

先日古本屋で、鋼の錬金術師の小説第2巻『囚われの錬金術師』が売っていたので
ためしに買って読んでみました。
(鋼話ばっかりでゴメンナサイ(^^;;)
漫画の小説版は最悪なモノを知っているし、良くても”それなり”なので
全然期待していなかったのが奏功したのか、結構面白かったです(^^)
かるーくお気楽に読めまちゃいますし
ところどころ「アレ?」と思う部分もままあるのですが
基本的に面白く読めました。
なにより、『鋼の錬金術師』という作品に対する愛情を感じられるのがまず良いですね(^^)

まー、今まで読んだことのある漫画のノベライズ作品は
”仕事として割り切って書いてる”感じだったり、
あるいは「お前原作ちゃんと読んでないだろう!?」的なひどいモノもありましたから…。
商売なんで、本当にその作品をしっかり理解している文章書きの人が
ノベライズを担当するなんて、めったにない幸運なことだと思います。

ま、そうはいっても背景に『鋼』の世界があるからこその面白さなワケであって
この小説単体でひとつの作品として成り立つか…は、正直判断しかねます。
私の文章も褒めてんのか貶してんのか良くわからなくなってきましたし、
アマゾンのレビューなんか読むとかなり酷評されてたりするんですけど、
でもでも、楽な気持ちで『鋼』の世界を楽しみたい時にはぴったりかと(^^)

で。
『囚われの錬金術師』が結構楽しめたので、他の(全部で5冊)も読んでみようと、
各レビューを読んでみて、4巻5巻が良さそうだと決める。
給料入ったそばからこうやって使っちゃうから
給料日前に厳しくなるんだよな、と思いつつさっそく購入(爆)
寝る前にちろっと半分ほど読んで(読むのが遅い私でもすぐ読める)
カバーを付け、休み時間に読むべく会社に持っていきました。

今までこういった類の本は会社には持っていかなかったんですけど
随分前に会社で席替えをして今隣の席に座っている先輩は
私が休み時間に本を読んでいるときに、
「何読んでるの?」とは一度も聞かなかったんですよ。
(あ、ハリー原書だけは別。分厚いですしね(笑))
だから、まあ大丈夫だろうと。
でも内心は、”頼むから聞かないで”と。

常に悪いほうに当たるもんです。予感というのは。

先輩:「何読んでるの?」


  ぐはっΣ-д-;;

私:「いやぁ、大したモンじゃないですよ(^^;ゞ」

先輩:「なんて本?まあ私、本読まないから聞いてもどうせわかんないけどさー(笑)」
私:(だったら聞くなよ…(泣))「……えーーーーと、しょ、小説…です…………(汗)」
先輩:「…へー。すごいねえ。私なんて漫画しか読まないからさー」

まずい。まずすぎる(笑)
小さな不審のさざ波をかき消すには、より大きな波が必要だ!!(^^;;

私:「会社(の休み時間)では(活字の)本ばっかですけど、私も普段は漫画ばっかりなんですよ」
先輩:「えー、そうなの??みどり(仮名)ちゃんって、漫画読むの!?」
私:「見えません?」
先輩:「見えないー。漫画なんて全然読まない人かと思ってた」
私:「そう思われてるんだろうなと思ってましたよ(笑)」
私:「さっき○○さんと『NANA』の話してましたよね?あれ、面白いんですか?」
(以下『NANA』の話がつづく)


危機、脱出!!(笑)

いやー、危ないところだった(笑)

私、自分から「漫画好きなんですよ」とでも言わない限り
”漫画なんてくだらない”的思考の人間だと思われがちなんですよね。
…このブログ読んでる方には信じられないでしょうけど(笑)
会社では聞かれない限り自分のこと話したりもしませんし。

なもんで、そんな私が漫画そのものならまだしも、
漫画の小説版なんていうマニアックなものを読んでるなんてカミングアウトしたら
その破壊力がどういう方向に行くか、わからないじゃないですか(笑)
ま、オタクなのがバレたくないってだけなんですけど(笑)

それにしても何で今日に限って聞かれたのでしょうかね。
私の”聞かれたくない”っていう気持ちが不審な空気を漂わせて
先輩の質問を誘発しちゃったんでしょうか(苦笑)
あーもー、二度とこういう”危険物”は持ち込まないぞ(^_^;;

あ、小説版4巻『遠い空の下で』もなかなか面白かったですよ(^^)
2本立てで後半はマスタング大佐たちの話です。
そして巻末のオマケが必見。これだけのために買う人もいるはず(笑)

そして今は既に5巻を読み始めてます。
ホントにすぐ読めちゃいます。


<参考>
「小説・鋼の錬金術師」シリーズ一覧
スポンサーサイト

category: 鋼の錬金術師

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/150-77dbc169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。