階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

TOEIC模試 その1  

模擬問題が3回分載ってるからという理由で選んだ『TOEIC TEST初心者のための模擬問題集』
いったい何が”初心者”向けなのかと思ったら、
3回の模擬問題のうち、2回分の難易度がちょっと低く設定されてるようです。

えーーーーー。
全部本番並みのレベルだと思ってたのに(^^;
まあ仕方ないですね、とりあえずはテストの形式に慣れるのが先決ですし。

というわけで早速第1回、やってみましたー。
TOEICはリスニングが100問・45分、リーディングが100問75分で
合計200問を2時間で解答するという形式です。
テストの結果は点数ではなくて、「スコア」という形で出るらしい。
最低スコアは10、最高スコアは990。

私のテキストの2回分の初級レベル模擬問題は
最高でもスコアが800になるように設定されてるそうです(問題数などは同じ)。
でも、テキストだと正答数×5っていう単純な計算でスコア換算されてるんですけど
ホントにそんな単純な計算で出るんですか?(^^;

(※追記※正答数×5じゃありませんでした。
よく考えたら(考えなくても)全200問で正答数×5だったら、
最高スコアが1000になっちゃいますよね(^_^;)

まあともかく第1回ですよ。
まずリスニング。
問題に入る前にまず、問題の説明もすべて英語なのにビックリして動揺しました(笑)
容赦なく進んでいくリスニングで動揺は禁物です(^_^;

さて問題のほうですが、TOEICのリスニング問題はものすごく速いと聞いていたので
実際に聞いてみて「これは間違いなく初心者用の速さだ」と思いました。
本番のレベルがこんな速度なはずはありません。
ハリーの朗読CDと変わらないんですもん。速さが。
なので、聞くことに集中できさえすれば私でも聞き取れます(理解できるかどうかはまた別)。
しかしなかなか聞くことに集中するのが難しいんです(^^;

テキスト冒頭の、TOEICを受けるときのコツが書かれている部分で
”とにかく質問を先に読め”ということが書かれてたんですけども、
問題の選択肢を選ぶのにうっかり躊躇すると次の問題が始まってしまうし、
先に質問を読めたとしても、それを頭の中にぐるぐるさせたままだと肝心の音声に集中できない!
…これは慣れでなんとかするしかないんでしょうね。
本番レベルは絶対にもっと速いスピードでしょうし(--;
リスニングではとにかく、迷うくらいならあきらめることが肝心だということを知りました。

さてお次はリーディング。
問題はこっちです。全然自信がありません(--;

内容は100問のうち40問が空欄の穴埋め問題。
空欄を含む一文があって、それに対して4つの選択肢から選びます。

次に間違い探しが20問。
4つの下線が引かれた1文があって、その4つから訂正が必要な箇所を選択します。

最後が長文問題40問。
長文といってもメールだったり広告だったりと
それぞれの文章はそんなに長くなくて、その”長文”が14~16個あって
各文章に対してそれぞれ2~4の質問が出されます。
そしてその質問に対して4つの選択肢から正しい答えを選びます。

リーディングをやっている時にモモや母親の邪魔がちょくちょく入ったのもあって
あと11問(長文4つ分)を残して時間切れ。
…とはいえ邪魔されたのがのべ3分間だったとして、
邪魔がなくても最後までは終わるわけもなかったんですが。
一応時間切れのところで線引きはしておいて、最後まで解いてみました。

で、解説はまだ読まずに採点だけした結果、
リーディングよりもリスニングが圧倒的に良かったです。
そしてリーディングの中では長文が圧倒的に好結果。
…初心者レベルの問題だとしても、これは間違いなくハリー効果ですね(^^;
高校の頃は長文もリスニングも特に苦手だったのに…。
ハリーの原書だって、読みたいから読んだだけで
英語力を向上させようなんて思ってなかったのに。副産物ですね。

巻末に載っている表でスコアを出したところ、
私の第1回模試のスコアは605と出ました。

嘘だ(-□-;;

そんなにいいわけないじゃないですか…。
初心者向けだからですよ。絶対。
初心者には気をよくさせて、勉強を続けさせようっていう魂胆ですよ。
だから最初から初心者用じゃなくて本番レベルでやりたかったのに…。
本番レベルでいきなりスコアが落ちたらガックリくるじゃないですか(^^;

ちなみにリーディングで時間切れになった後の分の点を含めると
スコアは665でした。

テキストによれば、600~650がTOEICの初心者と中級者を分ける
ちょうどボーダーにあたるそうです。

…ま、とりあえず間違えたところ・自信がなかったところを
解説を見ないでもう一度やってみます。

■第1回模試のまとめ。

・落ち着く、焦らない。(特にリスニング)
・わからない問いは捨てる。
・リーディングは長文からやるべし。

スポンサーサイト

category: TOEIC

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/213-e284b754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。