階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

赤い花束企画  

『イラストで赤い花束を』企画に参加してみます。

一つの終焉に赤い花束を・イラスト版
クリックで拡大
誰もいらないと思いますが、フリー画像にしますので、ご自由にお持ち下さい。
二次配布・加工は不可です。

何の説明もしてなかったので、改めて。

先日東京と大阪とで開催された『鋼の錬金術師』の
アニメとしての最後になるイベントで、
『シャンバラ』のエンディング曲『Lost Heaven』の中の一節
「一つの終演に赤い花束を」にかけて
感謝の気持ちを込めて、出演される朴さんと釘宮さんに
赤い花束を皆で贈ろうじゃないか!という素敵企画があったのですよ。
それが”「赤い花束企画」一つの終演に赤い花束を”

このネット上での企画は私も前もって知っていて、
でも「へー、いい企画ですな」と思うだけでただ傍観するだけだったんですが
(当のイベントに参加する予定もなかったし…)
企画が大成功したという、レポートを読んだら
ホントにホントに素敵な企画で感動してしまって、
あー、何かすればよかったなぁ…と思ってたところで
まさにそういう人向けの『イラストで赤い花束を』という企画を見つけたのですよ。
…やるしかないじゃないですか(笑)

というわけで、まあ、単に私の自己満足なんですが。
描いてちょっとすっきりしました。

で、次は絵について。
今回フォトショは仕上げにしかつかってません。
(機械鎧はフォトショで描き直したようなものですが)
CGだとやたら時間がかかる上に、なんだか腑に落ちない感じというか。
久々にアナログで(CGでもめったに描きませんが…)イラスト描いてみて、
すごく気持ちよかったですね。
画面上での発色はCGにはかなわないけど、私はやっぱりアナログだなぁ…。
ちなみに画材は画用紙に鉛筆、
そしてカランダッシュという水溶性クレヨンです。
クレヨンとして使えて、なおかつ水彩絵具のようにもなるというもの。
混色すると濁るという難点はありますが、扱いが簡単で融通の利く画材です。
スポンサーサイト

category: 鋼の錬金術師

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/297-4924f742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。