階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ハリーの運命  

スティーヴン・キングが
「ハリーをライヘンバッハの滝から落とさないでくれ」
と言ったと聞いて、ビックリしたのですが
ローリングさんも交えての朗読会が開催されるからなのですね。

同じ作家である人が、そんなこと言うなんて…!?と思ったのですよ。
でも、殺さないでくれ、という意見は興味深いです。
作家として自分の生み出したキャラクターを死なせてしまうことや、
物語りのうえで泣く泣く死なせなければならない気持ちを
わかったうえで言ってるんですもんね。

いやはや、どうなるんでしょう7巻。
もちろんハリーには幸せになって欲しいと思う一方で、
ハリーが7巻で死ぬ展開しか思い浮かばない私。

いや、だって、大分前にも同様のことを書き散らしましたけど

・お互い殺し合い、一方だけが生き残る
・人にとって最悪なのは死ではない
・死よりもっとひどいことがある
・心構えのある人は死出の旅を恐れない
・ヴォルさんが決して持たず、ハリーが持つなにか
・殺人はこの世で最も邪悪なこと

…これを考えるとですよ?
「死よりもっとひどい」状態になるのがヴォルさんで、
死ぬのはハリーなんじゃないかと思えてなりません。

ハリーがライヘンバッハの滝に落ちるのか否か、それはローリングさんのみぞ知る…。
あ、でも、仮にハリーを最終巻で死なせてしまったとしても
どこかの誰かがハリーの続編や改・最終巻とかを書くのは、避けられないと思います(笑)
スポンサーサイト

category: ハリー(全般)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/307-5a9d0e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。