階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『不死鳥の騎士団』 レッドカーペット・レポ  

2007年6月28日、東京は六本木ヒルズにて
映画『不死鳥の騎士団』が全世界初上映、
つまり、ワールドプレミアが開催されました!わー!
来日するのはダニエル君と、プロデューサーのデイビッド・ヘイマン氏。

そして上映に先駆けてヒルズアリーナで
レッドカーペットイベントが開催されました。
本来は到着したスターたちが
レッドカーペットの上を歩いて劇場に向かうだけなんですが
今回はそれを独立したイベントにしてしまおうという
お得(笑)な企画なのでした。

で、私はこのレッドカーペットイベントが大本命で
30枚も同じあて先にはがきを書きまくったんですが、
残念ながら落選……。
しかしあきらめられません。ダニエル君にひと目会いたい!
有給も取っちゃったし!

というわけで長時間待ちに備えて荷物をそろえて
当日ヒルズに向けて出発したのでした。


※注※
以下はPHSからリアルタイムで更新していた記事を
改めて編集しなおした、私のレッドカーペット始末記です。
尋常じゃなく長文です。
黒文字部分はその時の投稿部分、
そしてオレンジ色の文字が後から追記した部分。
写真はPHSカメラ画像からデジカメ画像に
一部差し替えている部分もあります。
画像は一部のPHSカメラ写真などを除いて、
ほとんどがクリックで拡大します。
画像のお持ち帰りはご自由にどうぞ。
ただし、文章・画像問わず、無断の二次配布はご遠慮下さい
*********************************
■ヒルズへ出陣 13:00

ただいまもうすぐ13時。
地元出発したとこです。メールにて随時ご報告しようかと。
(帰宅したら編集します)
心配だった雨は降る気配もないですね。
でも代わりに熱射病には気を付けましょう。
紫外線対策も重要です!!

てことで私の荷物は
・ポカリスウェット
・ハンドタオル
・折り畳みイス
・晴雨兼用傘
・双眼鏡
・ハードディスクプレーヤー
・日焼け止め
その他ってとこです。
長時間待ちには慣れてます(笑)ので
必要なものでかつなるべく軽い荷物で、を心がけてます。

目当ての場所のイメージはあるのですが
はてさて、すでに人がいるのかどうか。

*********************************
■着 13:45




ヒルズ到着
想定どおりの場所確保!
やった(^O^)

しかし、容赦ない陽射し。折り畳みイスと日傘の出番です。
イベント開始まであと4時間45分

ヒルズに到着してまっしぐらで
アリーナを見渡せる場所へ急ぎました。
アリーナを「何だ?」と眺める人がぱらぱらといたり、
プロカメラマンが会場の俯瞰写真を撮って去っていったりしますが
場所をとっている人はまだいませんでした。
↑画像はその場所からアリーナを見下ろした図。
会場全体はもちろん、ステージもばっちり見えます!!



*********************************
■双眼鏡 14:08

20070628140802
40倍の双眼鏡。
高校時代にマイケル来日のため購入しました。
倍率高すぎて普段は使い道がありません(笑)
設営スタッフに合わせて調節完了。

まわりでチケットを持っているらしい方が下見しています。
ふーんだ(>_<)
私と同じ境遇のグループも加わりました。
いいなあグループ。
一人だとトイレにも行けないので
水分補給には余計に気をつかいます。

ピント調整はしましたが、
結局この双眼鏡は使いませんでした。
うーん、高性能すぎて使いどころに困る双眼鏡です…(笑)

トイレに行くことができないので
水分はあくまで発汗した分を補給するだけの最低限に抑え、
イベント終了までで半分くらいしか飲みませんでした。
まだ真夏じゃなくてホントに良かったと思います(^^;



*********************************
■影 14:30

背後の建物の影が伸びてきて
もうちょいで日傘がいらなくなりそうです。
ありがたい。

この時私がいた場所はアリーナよりも高い位置にあるので
到着からしばらくは日が差していましたけど
森タワー自体が巨大な影を作るので、アリーナはほとんど常に日陰です



*********************************
■ああ無情 15:00




警備員に移動を強いられる。
まともにイベント会場を見渡せる場所は全て閉鎖!
ひどい!(T_T)
同じ場に場所取ってたお嬢さんがたと
ぶーたれながら、唯一閉鎖されない階段踊り場へ。
ステージが半分しか見えないよ!
斜め後ろだし!!(泣)

見知らぬ女性に「えっダニエル君来るんですか!?
ああ、でも時間がないんですよ、残念~!」
なんて話しかけられたりして、まったりと過ごしていたら
背後から警備員に「ここは閉鎖しますんで移動してください」と。
4年半前の成田の惨状を踏まえた措置なんでしょうけど…
まさかここから落下したりするはずないじゃん…。
ていうか閉鎖するならするでそれは仕方ないからさ、
もうちょっと早く言うか、張り紙でも出しておいてよ…。


*********************************
■ぐはっ 15:10


と思ったらさらにそこも閉鎖!
そーゆーことは早く言えー!っ(>_<)

てことで慌ててまた移動。
機材とかで見えなくならないことを祈ります。

階段は通路だから閉鎖されないんだろう、
なーんて思っていたら
再び警備員が閉鎖用のポールを持って現れました。
だーかーらー!閉鎖するなら、言ってよ!!(泣)
↑画像は階段の踊り場から移動した後の3番目の場所から撮影。
上の緑色の矢印の場所が直前にいた2番目の場所、階段の踊り場です




この画像は1番目の場所から撮影したモノですが、
画面上方緑色の部分が3番目の場所です。
ステージ向かって左手袖って感じですね。
白い矢印はレッドカーペットを歩くゲストの順路。
あとから気づいたんですが2番目の場所の階段は、
このゲスト順路とつながっていたんですね…そりゃ閉鎖されますわね…。

ちなみにダニエル君はレッドカーペットをぐるっと回った後
一旦控え室へ入ってから、赤の矢印から登場・退場しました。。



*********************************
■整理券 15:54

どうやらこの場所の前のスペースは
当日配布整理券の人が入るらしい。
てゆーか当日整理券て!∑(T口T)

うーん、この前に人垣が…

*********************************
■人垣 16:02




ステージは辛うじて見えるかな(-_-)

*********************************
■違うっぽい 16:12

整理券は当日来た人に配布されたんではなく
一部の招待客が(格下)当日改めて整理券をもらったぽいです。

このあたり、2度も移動させられたことと、
目の前に一般入場者の人垣ができたりして
かなり不機嫌になってます(^^;;
私のいた場所が『整理券組集合場所』となっていまして
まわりの人たちの会話や様子から、
「整理券って?」と推測していたのですが…(つづく)


*********************************
■さらに訂正 16:21

んー、招待券もらった一般客はみんな整理券で入るっぽいです。
あ、その場での推測なんであまりまに受けないでください(笑)
ああっバッテリーがあやうい!(汗)

私の今いる場所はステージ向かって左手です

(つづき)結局のところ、応募して当選した人たちのほとんどが
当日会場でチケットと整理券を(多分先着順で)交換して、
で、その整理券の番号順に会場に入場する、って感じでした。
私の前にいた人垣は、順番に入場するために
一時的に人が集まっているだけだったのでした。




でも、これとは違う入場チケットもあったりして、
まあ色々あるみたいですね。



*********************************
■あと2時間 16:40

イベント開始まであと2時間弱。
OoPのオーディオブックをなんとなく聞きながら過ごしてます。
お腹がすきました…
ポカリ以外に食糧を持って来るのを忘れました(-.-)

*********************************
■あと1時間20分 17:10

お腹がすいてて、空腹なことと足が痛いことしか頭に浮かびません(笑)

*********************************
■あと1時間 17:30

20070628173801


一般招待客の群れは席に収まりました。
しかしやはりというかプレスの人たちが。
うーん、まあ見えますけど。
イベント中は私は写真撮りませんので
プレスの人たち、ヨロシク。

現在私が使っているデジカメ、RICOHのCaplio RR30は
実は4年半前のダニエル君来日にあわせて購入したものです。
しかし4年半前はダニエル君を撮影することなく、現在に至ってました。
というのも、デジカメを買ってはみたものの、
撮影することに意識をとられることがイヤだったので
当時運良く舞台挨拶を見ることができたのですが、カメラは使わなかったのです。
(撮影禁止!と言われてたこともありますが)

今回もデジカメは会場風景を撮るだけ、のつもりでした。



*********************************
■あと40分 17:50

カメラマンと一緒にインタビュアーがいます。
これは立ち止まるに違いない!

あ、vip招待客の入場がはじまりました

ここのカメラとは、テレビカメラの間違いです(^^;
紙媒体用のプレススペースはこことは逆の
ステージ向かって右側にありました。

このメールを打っているときに
ちょうど深田恭子が派手な格好で入場してきたのですが
まだ早すぎたらしく、しばらくしたら戻って来ました(笑)



*********************************
■わー 18:11




急遽入場券ゲット!あとはイベント後に。


さあ、事態は急展開!!
起承転結でいう転です。
内心は「そんなことがあったらいいなあ…でもないよなあ…」
と夢想はしていましたが、現実にはまったく予期せぬことでした。

柵に群れていた私たちの背後からスタッフが
「空きがありますので、よかったらご希望の方にチケットをお配りします」
とかなんとか、声をかけたのです。

哀れスタッフは、まさに腹を空かせた猛獣の群れに投げ込まれた仔うさぎ(笑)
表情から察するに
「お前ら、親切で恵んでやってるのに、言うこと聞けよ!」
くらい絶対思ってそうな感じでした(爆)


…すみません(笑)

このときのメールはそっけないですが
これは時間がないとかじゃなくて、
PHSのバッテリーがもう大分前から
「充電してください」になってたからです(^^;
このあとも、ヒヤヒヤしながらメールしてるので
必要最低限の情報しか送ることができませんでした。

でも、実際は「わー」どころか

「マジっすか!きゃー!
いるいるいるいるいるに決まってるよ!
やったーっ!!ありがとう~!♥」

て状態でしたよ。モチロン(笑)


とはいえ。
ここで大いなる疑問が出てきますよね

「何故チケットが余っていたのか」

です。
これは例のDAイベント参加者分じゃないかと
そう睨んでいるのですがどうでしょう。
誤解のないようにお願いしたいのですが、
私はDAイベント参加者を責めているのではありません。全く。
ただ、これはイベント主催者側に大いに反省すべき点だったんじゃないかと。

あくまで私の推測に過ぎません
多分、今回は若いファンをレッドカーペットに呼びたくて
それでDAイベントを設けて、そこでチケットを配ったんじゃないかと。
でもDAイベント参加者は、無条件でレッドカーペットに参加できるなんて
思っていなかったはずです。
そんなDAイベントで大量にチケットがばらまかれたワケですが
平日のイベントに若いファン(中高生)がそうそう来られるわけがありません。
この時期テストも控えてるでしょうし…。
そんなわけで、大量の空きが発生してしまった…のではないかと。
推測です推測。

私としては余ったチケットを頂くことができてラッキーだったのですが
本来こんな事態はあってはならないことです。
不公平ですもん。
ワーナーさんには今回の事態を生かして、
次は大人のファンにもやさしい対応をお願いしたいものです(笑)


さて、閑話休題。
スタッフからいただいたチケットを片手に
すぐさまイベント入場口へと向かって、パスと交換して入場です。
いやっほぅ。




私の場所はブロックE。




オレンジ色のあたりにいました。
何故オレンジの範囲が広いのか、それは後ほど(笑)




ブロックの中に納まって、立ったまますし詰め状態です。
でもステージほぼ正面!ばっちり見えます!!
隣の集団がものすごく背の高い男性なのが心配ですが。
だって、私(166cm)の目の高さが、肩なんですよ(^^;


■イベント開始 18:30

だんだんと日が落ちて暗くなってきて
スポットライトがステージを照らし、いよいよダニエル君登場!?
と、その場の誰もが思ったその瞬間、登場したのはMCのおねえさんで
会場全体からおもわずの笑い声が(笑)
…失礼だよ(笑)←私も笑っちゃいました(^^;

MCの人がイベントのあらましなどを話し、ゲスト登場開始。
再々度の深キョン登場。
彼女は7月25日のハリー特番を担当しているらしく
イギリスの撮影現場もばっちり取材してきたらしいのですが
そのコメントは
「食堂のセットが大きくて、ホントすごくスケールが大きいなって思いました」
みたいな、どーしよーもない感じでした(爆)
もうちょっとマトモなコメントできないのか(笑)

そんな深キョンインタビュー半ば、
遠くのほうでものすごい悲鳴と歓声の入り混じったような声がこだましました。


ダニエル君登場!!らしい!!(笑)

や、だって、全然見えないんですよ(^^;
ステージ向かって左側の大スクリーンに映っているのを見て
初めてダニエル君の姿を確認できました。
今回は白スーツ!カッコいい!!!(>_<)
でも画面越しじゃあ、たとえ近くにいようが、普段と違わないよ!!(^^;

しかもダニエル君、ていねいにサインに応じているらしく
レッドカーペットを進むのが、ものすご~くゆっくりです。
もうそろそろ真ん中まで来たのかな?と思ってたら
まだ入り口付近だったり(汗)




↑19:00撮影。
大画面にサインをするダニエル君の背中。
本人は多分、矢印の下あたり…。
まわりの誰もが「早くひと目ダニエル君を見たい!」と思っています。
もちろん私も同感です。
が!私のいるEブロックではどうあがいても、
レッドカーペットを歩くダニエル君を見るのはほぼ無理。
そういうブロックなのです。
余ってた場所なんだからそれは仕方がありません。
でも見たい。というのが人情というもの。
みんな「今あの辺!?」と首をキョロキョロ、身をソワソワ。

すると次第にレッドカーペットに気を取られるあまり
ブロック内で場所を後方に移動する人が出始めました。
(ブロックから出ることは不可能)
カーペットを歩くダニエル君を見るのは不可能だし、
メインはステージ!と私は腹を決めていたので
またとない好機を逃すことなく、空いた前方へ
すすっ、すすすっ、と少しずつ移動したのでした(笑)
(人を押したりはしてませんよ(^^;)

その甲斐あって、大分見晴らしのいい場所まで進出。
カーペットを歩くダニエル君は一度控え室に入る直前のステージ脇で
かろうじて後姿を確認!!
すぐ後ろで外国人グループが「I saw him!!」と叫んでました。

ダニエル君が登場して控え室に入るまで、
かなり長い時間がかかったので、中央付近の客はワリとおとなしめでしたね。
だって、映像でしか見えないんだもん…(^^;

で、またMCのおねえさんが間を取り持ったり
映画の予告編や本編一部が流れ、やや盛り上がったところで!


■19:35

真打登場!!!





















うん。もう言葉は要らないですね。ええ。はい。




↑一番良く撮れてた写真の部分アップ。
ああ、白スーツが似合うなあ…。
黒とか紺とか赤とかよりも、白とか淡い色が似合うと思います。

まず、ヘイマンさんが手に持ったカンペを見ながら日本語で
かなりしっかりした挨拶を披露。
その間、近くにいるファンたちはヘイマン氏そっちのけで
でも声は出さずにダニエル君に手を振り続けてました。
いつも思うんですけど、ダニエル君ってホントに礼儀正しいですよねー。
他の人が話している間には決して手を振り返したりしないんです。
でも、ものすごい満面の笑みでずっとニッコリ微笑み返してました。

あああ、もうその笑顔がーーーーっ!!!(悶絶)


でヘイマン氏は何故か、同じ内容を英語で言い直してました(笑)
客の反応が薄かったのは日本語の発音が悪かったからじゃなくて
客の意識がダニエル君に集まってたからだと思います(^^;

お次はいよいよダニエル君のあいさつの番です。
やっぱり手にカンペを持って日本語で。
これがすごく発音がいいんですよ!!
ヘイマン氏もダニエル君も、ほぼ完璧な発音の日本語で
アレは相当練習したに違いありません。
1文ごとに大歓声!
後ろの外国人グループに便乗して
私も思う存分きゃーきゃー叫んじゃいました(笑)

そのあと「映画の見どころは?」という質問には英語で答えてましたが
その時、原書で読み始めて英語力が上がって本当に良かったなあと
心の底からそう思いました。
通訳なしでダニエル君の言ってることがわかるって、感激です。
もちろん完璧に聞き取れるわけじゃないんですけど。
通訳では相当端折られちゃいますし。

もうちょっと客とのやりとりも欲しかったところですが
例のアレの時間が迫ってます。
というかカメラの撮影時刻記録を見ると
ダニエル君がステージに登場した時点ですでに19:30過ぎていたような(^^;
アレですね。
六本木とその周辺地域でやたらと予告ポスターの貼られていたアレ。
「六本木ヒルズで魔法が!」とか
「妙なことが起こっても通報しないで下さい」とか
あと、「乗客の方の中に魔法使いの方はいらっしませんか?」とかいう
電車の吊り広告もあったりしました(笑)

魔法ですよ魔法。
たしかポスターでは「エクスペクト・パトローナム」だったので
森ビルの照明かなんかで鹿の姿を作るのかな?なんて思っていたのですが

MC「皆さんにお願いがあります。
  あちらに向かって一斉にある呪文を唱えていただきたいんです」
ダニエル君「Lumos Maxima!!!」

突然ダニエル君がマイクなしで会場に響き渡る大声(生声
)で呪文を紹介(?)したので
MCのおねえさんも観客もビックリ(笑)
多分段取りではMCのおねえさんが呪文を紹介する予定だったんじゃないでしょうか…?(笑)
そのあとダニエル君、顔を真っ赤にしてヘイマン氏と大笑いしながら
「今のは練習だよ!」(英語で)とか言ってました…(笑)

ともあれ、皆で一斉に「Lumosu Maxima!」と唱えると……!

2枚の画像を無理にくっつけてます


会場の後方に天を貫く光の柱が出現!!!

イベント終了後のちょっと離れた場所から


これにはビックリ!
実際に見ると、本当に魔法みたいでした!!
そして会場の大興奮がやまないうち、
物凄い勢いのスモークと炎でステージが覆われて
イベントが終了しました。
ああもうなんていうか魔法にかけられた感じでした。

とにかく、ひと目姿を見られるだけでいいと思っていたのに
イベント会場内に入れて堪能できたのは本当に幸せ。
初来日から4年半経っていた今回も、やっぱりダニエル君は素敵でした…。
またいつか、きっと日本を訪れてくれるといいなあ(^-^)

Thank you for coming to Tokyo again, Daniel!!
チケットを配布してくださったイベントスタッフの方々、
私が無事ダニエル君に会えたかどうか気にかけていてくれた方々、
そしてこの長~~い文章にここまでお付き合いくださった皆様、

本当にありがとうございました!!!m(_ _)m
スポンサーサイト

category: ハリー(全般)

thread: ハリーポッター - janre: 映画

tb: 0   cm: 4

コメント

Re: わー

入場券ゲットできたんですね!
おめでとうございます。がんばった甲斐があったというもの。よかったですね♪♪
レポートを楽しみにしていますね。

URL | こなふきん #gEkua5uY
2007/06/28 21:39 | edit

Re: わー

そうなんです~!!!(>_<)
ホントにホントに嬉しいです!
ダニエル君と(一方的に)感動の再会ですよ!!
入場券ゲットのいきさつなども、明日詳しくご報告したいと思ってます(^^)

URL | みどり #-
2007/06/29 00:23 | edit


こんばんは(おはようございますの時間だ・・・汗)。

すばらしいレポート!ありがとうございます。感激です♪
みどりさんと一緒にイベントを体験できたような感覚。(自分は何の苦労もしないで・・・)
テレビの情報番組で紹介されたのを少しだけ見たのですが、それではこんな臨場感は当然味わえませんでした。
例のサーチライトも、テレビで見たときは「ふーん、なんだそれだけ?」という印象だったのですが、実際にその場に居たら見事だったんでしょうね。。。
それと、やっぱりダニエル君は本当にお行儀のいい英国紳士の卵なんですね(笑)レポートからそれがよーく伝わってきました。

しかし、みどりさんのパワーはすごいです。これだけ根性だしてダニエル君に会いに行かれたみどりさんに拍手♪e-460

URL | こなふきん #gEkua5uY
2007/07/01 05:17 | edit

こんばんはー。
そう言っていただけるとこんな超長文を書いた甲斐がありました。
今回は思わぬ幸運に恵まれたので
参加したくてもできなかった方々に少しでも還元できたら、と思います。
情熱と根性だけが原動力です(笑)

リアルタイム更新はなんとなく思いついただけだったんですが
後からまとめて読んだら自分でも臨場感あるなあ、と思いました(^^ゞ
ともあれ、無駄に詳細なのはどこのレポートにも負けません(笑)

サーチライトはですね、実際に見ると物質感があるというか
光でできている塔、という感じで不思議できれいだったんですよー。
画像で見るとCGで簡単に描けちゃいそうに見えるのが残念です。

ダニエル君は素敵な英国紳士になるんでしょうねえ(うっとり)
ご両親も会場にいらしてましたが
ホント、いい息子さんを育てられましたよね(*^_^*)

URL | みどり #1wIl0x2Y
2007/07/01 21:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/336-54f4fe7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。