階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

This is it (映画) (2009年10月30日03:50)  

感想というか、思うことをぼそぼそとつぶやこうかと。

客観性のカケラもないので、映画としてどうなのかは
正直判断できません。
そもそも映画として認識していないようなところがありますし。
映画作品なんじゃなくて、”マイケルを見る機会”なんだと思います。

あのマイケルのプロフェッショナルな仕事ぶりや
リハーサルである(=歌やダンスに全力でない)にもかかわらず、の凄まじいパフォーマンスは
今まで実際にコンサートや映像を見てきている私ですら、自分の目や耳を疑うほどでした。
だからファンじゃない人でもそれに感じる部分が多分にあると思う。
(この辺はホントに客観的に見れないから、わかりゃしません)

ただ…”映画”だと思って見た場合は、違うのかもしれない。
あれは、映画ではない、と思う。
ひとつの映像作品として…できる限り(怪しいが)客観的に判断するなら、完成度は低いだろうと思う。
だから、あくまで”マイケルを見る機会”。

ただ、本当にね。なんていうか。
私はDengerousには行けなかった(兄は行ったけど私は当時小学生だし…)けど
もービデオテープが伸びるくらい映像では見ているし、
HIStoryのツアー(高校1年)には2回行っていて、生で見ているワケですが。
今回幻になったThis is itが、本番のステージを迎えていたら
想像を絶する完成度だったろうと確信します。
妬みとか悔しさで言ってる過剰な表現と思われるかもしれませんが、
そんなことないんですよ。『This is it』を観れば、それがわかるんです。

他にも私が「今までマイケルのこと全然わかってなかった」と痛感した点、
ショックだった点など含め…
”マイケル・ジャクソン”という唯一無二ともいえる稀有な才能を持った人物
(ファンであろうがなかろうがここに異論のある人は、いないと思う)の
命を燃やして舞台製作に取り組む姿を見ておいて、決して損はないはずです。

マイケルのことを何か語るのなら、まずこの『This is it』を観て欲しい。
そしてその後にまだ何か言いたいことがあるのなら、
その人の気の済むまで私は耳を傾けることを惜しまない。
スポンサーサイト

category: マイケル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/350-02e46543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。