階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ブログ再開  

ご無沙汰しております。
書くたびにこの台詞を見るような気がしますね…。

ここに書かなくなった間mixiに書いてたんですが、mixiにもろくにログインしないようになり、
それと入れ替わるようにツイッターではうだうだと日々垂れ流したりしてるんですが、
ツイッターはまとまった文章を書くには向いていないし。
それにSNSは流行廃りがあるから、ブログのほうがよいのかなーと思い至りまして。
マイケルが亡くなって早3年が経ち、先の2年間は仕事以外では完全にマイケル尽くしな日々でした。
去年の夏に思い切ってLA一人旅を敢行して、向こうでしたいことのほとんどを思う存分満喫できたので
マイケル狂いといってもいい日々には、もう終わりを告げるのかな、と内心感じてます。

これはマイケルから離れるという意味じゃなくて、09年6月より前のマイケルとの距離感に戻る感じというか。
もちろん状況も自分自身も当時とは全然違います。
マイケルが亡くなった後でマイケルファン仲間が沢山できて、
それはとても大切ですし、仲間と集まったりイベント行ったりするのはとても楽しい。

でも、先の2年間のようなペースでは、ずっとは続けていかれません。
私にとって自然なペースに収まっていく、ということです。
マイケルを好きなのは、おそらく一生変わらない。
そしてマイケルファン仲間はマイケルと引き換えに得た、私にとって大切な宝物です。
でも、イベントに参加する頻度としては、多分徐々に減っていくと思います。

これにはやはり去年一人でLAに行ってきたことがとても大きいです。
LAに行ってマイケルが生きてきた痕跡を見て肌で感じたことで
私の中で確実に何か「一区切り」つきました。
いまだ私はマイケルの葬儀の映像は観ていないんですけど、それももういいのかな、と。
そのうち自然に観たくなる時がきっと来るんだろう、と。
悲しみや喪失感は埋まらないけど、折り合いがついている、そんな心境です。

ハリー・ポッターも(色々展開があるとはいえ)完結したし、じゃあ何を書くのかと言うと
最近実は将棋に興味を持ち始めました。

以前からご存知の方にはまた唐突に脈絡もなく変なものに手を出して…と思われること必至でしょうけど(笑)
今年の春から興味を持ち出して、すっかりハマっております。
つい先日将棋界の大ニュース(羽生さんの最多タイトル数記録)が一般にも大きく取り上げられましたが、
ああいうことに狂喜したり一喜一憂しています。

すごくメジャーでありながらニッチな趣味ばかりという傾向があるような気がします(笑)
日本人なら誰でも存在は知っているのに最近特にあんまりメジャーじゃないジャンルである将棋を
はじめたばっかりの初心者の視点でつらつら書き綴ろうかなーと思うのです。
奥深くて濃ゆーい人たちが沢山のジャンルだからこそ、私みたいな超初心者の視点ってある意味貴重なのかなー?と。
そして願わくば新たに興味を持っていただける機会を作れれば嬉しいなー、と。
そんなふうに思ってます。
スポンサーサイト

category: 日記?

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/352-2a1634a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。