階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第14回京急将棋まつり(3日目)レポート  

上大岡での第14回京急将棋まつり3日目に行って来ました。
夏休みをこの週にしたのは、王位戦の第4局があるのと
この京急将棋まつりの3日目に羽生二冠が登場されると知ったからというのが最大の理由です。

とはいえ、どんな催しなのかさっぱりわからず
羽生さんが登場するのは午後からだからお昼過ぎに行けばいいかなーなどと考えていたのですが
それは甘すぎるのだとわかり、京急の開店前には到着していました。
ちょうど電車で隣に乗り合わせた少年が、なんだか同じ場所に向かっているような気がしていて
案の定上大岡駅で降りたのでついていったら
京急のエレベーターに迷うことなくたどり着けました(笑)

7階催事場につくと、シャッターの閉まった狭い空間にぎっしり人が…
主な構成比は中高年男性95%小学生2%その保護者2.9%で、のこり0.1が私、みたいな…(笑)
なにこのハンパないアウェイ感(笑)
あ、でも今日は女性の団体戦があったらしく途中から女性が増えててほっとしました(^.^)

シャッターが開いて中に入って、開店時間と同時にイベント会場開場。
…と同時に走る人たち(大人)。
何も走らなくても…。
私も無事に前から5列目あたりの席に着けました(^^)
ここで勝又清和六段が終始お忙しそうに駆け回ってらっしゃるのを見たのが、
初のプロ棋士目撃でした(^.^)

そして羽生さんのサインをいただくための書籍購入へ。
なんだかここでもイライラしているのかなんなのか、とても大人気ない方がいて、正直どん引き…。
他にも(一部ですが)本当に大人気ない方がちらほら見られて、なんだか残念な気持ちに。

●イベントはまず小学生名人vs中学生名人。
それが終わると舞台上では何もなく、ボーっとしていたのですが
指導対局が行われている時間だと気づき、
イケメンの呼び声高い中村六段をひと目拝見したいと思って、
貴重品を持ってイベント会場をぐるぐる。
中村修九段、中村太地六段、藤田綾女流初段が指導対局中(※プロがアマチュアに稽古をつける)でした。

中村(太)六段のイケメンぶりはもちろんですが、
中村(修)九段も中年の魅力で素敵でしたし
藤田女流初段もとっても麗しかったです(^^)

●「将棋かるたで遊ぼう」では将棋の格言などで構成されたかるたを
中村六段とこどもたちで取り合うという、大変ほほえましいコーナー。
中村六段がこどもたちと自然に和気藹々とかるた取りをされていて
本当に非の打ち所のない人だなあ…と…(笑)

●お次は女流対局、藤田女流初段と香川愛生女流1級で、
香川女流が師匠の中村(修)九段に解説でいじられるというビハインド(笑)の中
見事勝ちきられていました(^^)

●そしてとうとう羽生二冠登場!!
昨日まで兵庫県の有馬温泉で王位戦の激しい将棋を戦っていたのに
帰るその足でのイベント登場。
ご本人は
「いや、大変でしょうとか言われるんですけど、新幹線に乗っちゃえばここまですぐですし」
なんてさらっとおっしゃってましたけど…いやはや。



で、ここでは「羽生さんに聞いてみよう」という質問コーナーを30分間ほど。
子どもたちからの質問を受け付けます!てことでいっせいに挙がる子供たちの手!
元気いっぱいで良いですね~(*^^*)
メモ取ってないので記憶している範囲で質問と答えを書いてみます。

Q:好きな戦法は?(子ども)
A:
好きな戦法は横歩取りですねえ。横歩取りって知ってる?
横歩取りは子どものころからよくやってました。
好きな戦法をみつけてみてね。


Q:好きな駒は?(子ども)
A:
銀です。
渋い感じが好きです。
調べると実際良く使ってるみたいですし。


Q:どうぶつしょうぎはやったことありますか?(子ども)
A:
やったこと、あります。

(案外難しいですよね)
そうですね。あれ、ライオンは王様と同じなんですけど、
そのほかの駒(※ゾウとキリン)の動きが将棋とちょっと違うんで
そんなに沢山やったわけじゃないので、感覚がいまいちつかめていないというか。
なかなか詰まないのが…。
キリンとかゾウとかで王手かけても詰まないじゃないですか。
あれがなんかもどかしいというか(笑)


Q:詰め将棋はどのくらいのをやったらいいですか?(子ども)
A:
最初は3手5手くらいから始めて、それができるようになったら7手、9手とやって行ったらいいんじゃないでしょうか。
ただ、あんまり長手数のものをやるよりは、短手数のものを沢山やったほうがいいと思います。
3手詰めとかでもすぐには解けないような難しいものもありますし。

(今でも詰め将棋は解かれるんですか?と問われて)
ええ、習慣で。
スポーツ選手がストレッチとかするのと同じように詰め将棋をやってます。


Q:将棋を始めたきっかけは?(大人男性)
A:
いつも遊びに行く友達の家で、教えてもらったのがきっかけです。
サッカーやったりトランプやったりラジコンやったり、
そういったもののうちのひとつとして将棋で遊んだということです。


(なぜその中で将棋に興味が向いたのか問われて)
やってみても良くわからなかったというのと、勝負がきっちりつくのが良かったんだと思います。

Q:リフレッシュ方法は?(大人女性)
A:
散歩をしたり…
食べ物飲み物なども、甘いとか辛いとか、刺激の強いものは、一時の気のせいなのかも知れませんけど気分転換になると思います。


(棋士の皆さんは対局中に飲み物を用意している方が良くいらっしゃいますが、どんなものを飲まれますかと問われて)
その時によってお茶とかコーヒーとか紅茶とか…

(タイトル戦ではおやつが出ますが、あれは事前に注文するんですかと問われて)
宿から注文表のようなものが渡されて、それに大体5種類とか書かれてるんで
そこから選んで注文するのがけっこう楽しいです。

(楽しいんですか?(笑))
ええ(笑)

Q:七冠獲ったのはいつごろですか?(子ども)
A:う~ん、君が生まれるよりだいぶ前だなあ(笑)
16年前ですか。確か96年だったと思います。
よく知ってるねえ、ありがとう!(笑)


Q:玉の囲いは何ですか?(子ども)
A:
(会場笑)
それはね~僕も知りたいな~(笑)
そうですねえ、基本的なのは…矢倉とか美濃囲いとか穴熊とか…
矢倉は知ってる?

(はい)
美濃囲いは?
(はい)
舟囲いは?
(いいえ)
カニ囲いは?
(いいえ)
じゃあ、本を読んで舟囲いとカニ囲いを覚えましょう。
この矢倉と美濃囲いと舟囲いとカニ囲いができれば、大体大丈夫です。あとはなんとかなります(笑)


Q:羽生マジックは年に何回くらい出るんですか?(子ども)
A:
(会場爆笑&羽生さん苦笑)
う~ん…(苦笑)
マジックショーみたいなものなら何回ですって言えますけどねえ…(苦笑)
いやあ、沢山あったほうがいいんでしょうけど…こればっかりは…(苦笑)
あの、不定期です(苦笑)

(会場爆笑)

最後の質問はグッジョブ!と言わざるを得ません(笑)
大人には絶対できない質問ですからね(^^;;
大人が同じ事を聞いたら羽生さんは
”よくマジックって言われるけど自分では普通に指してるだけ。ただ、わからない局面で何を選ぶかというところで多少個性の差というのは出る”
的な回答をされるに違いないと思います(笑)

●羽生さんサイン会
(同時に席上対局では北浜七段vs中村(太)六段戦。うっすら聞こえてきた話では北浜七段先手で勝ち、だったそうです)

書籍を購入した人全員と、色紙へのサインを希望する人は抽選にて選抜…とのことですが
書籍購入者だけでもかなりの数…自分は一番後ろのほうかと思っていたら後で振り向いたら列の真ん中くらいでした(^^;;
15時から始まって、私の番が来たのは16:45あたりだったでしょうか。
ちょうど私のサインをしていただいた後に時間が押している旨を羽生さんが耳打ちされてました。

私の前が二組の親子で、お子さんと親御さんとでほほえましいやりとりがあり
それを私がにこにこ見ながら自分の番を待ってたら
なんとその私を羽生さんがにこにこ見てらっしゃいました。思わず固まる(笑)
あの笑顔の攻撃力の高さといったら、不意打ちはいけません!(笑)

で、私の番になったので「お願いします」と言って本を差し出し、
さらさら~と筆で署名と揮毫をされるのを、凝視(笑)
書き終わった本を横に(隣で落款を押してくださる)置いた羽生さんが「ありがとうございました」と右手を差し出されて
私も「ありがとうございました」と握手( ´ ▽ ` )

羽生さんの手、温かかったです(*^^*)
映像などで指も手も腕も細くてきれいだなあ、と思っていたのですが
すらっとしていて美しいのは確かなんですが
実際生で見てみるとやっぱり男性の腕や手だなあ!とわかりました。
すらっとしているから一見華奢に見えるけど、実は大きくて力強いしっかりと男性の腕でした!(*^^*)

いただいたサイン(揮毫)

いただいた揮毫は「一歩千金」。
大事にします(* ´ ▽ ` *)

●席上対局羽生二冠vs久保九段
解説は中村(太)六段、聞き手は藤田女流初段。



羽生二冠の先手で戦形は相振り飛車で、えーと、私に説明は無理なので大幅に省きますが、
羽生さんのほうから歩を突いて開戦、結果押し切って勝ちでした。
将棋の内容を理解するのは正直私には難しいので
直に生で見ているのだから生でしかわからないものを見ていよう!と思い
主にずっと、羽生さんが盤面に集中する様子を見ていました。
生で寝癖とか縦にゆらゆらする様子とか口をとんがらす様子とか、
髪をくしゃくしゃっとやる様子がふんだんに見られて、もうそれだけで満足です( ´ ▽ ` )

ちなみに久保九段は数日前に研究で指した将棋だったらしく、
この手だったらいけるかも?と山崎七段?が話していたのでやってみたけど騙された気分、とのことでした(笑)

そういえばこの席上対局が始まる前、
サイン会が長引いていたのでその間を持たせるために
中村(修)九段と中村(太)六段がトークショーを繰り広げてらっしゃいました(笑)



中村(修):そういえばこの間の棋聖戦で戦ってみて羽生さんはどうだったの?羽生にらみとか。
中村(太):対局中にそんなに相手の顔見ませんよ(笑)
中村(修):そうだ、君の敗因を教えてあげよう
中村(太):…何ですか?辛らつな内容じゃなければ…(苦笑)
(席上対局の準備できました)
中村(修):あ、そうですか。じゃあ。
中村(太):めちゃめちゃ気になります…(苦笑)


こんな感じでした(笑)




●詰め将棋&次の一手問題
壁に貼ってあった問題の正解発表と抽選会です。
詰め将棋は全然無理(7手詰め解いたことない(- -;;)なのですっぱり諦めて、
次の一手問題だけ応募してみました。
(※相手がこう指した場面で、次どう指しますか?という問題)

壁に貼ってある問題をiPhoneで撮って、それをイベントの合間に席で考えました。

120810.jpg

私の答えは53銀。
なんとなーく、自玉は危険だけどすぐには詰まなそうだし、でも守る場面じゃなさそうだし、攻撃して攻め倒すのかなーと思って
攻めるなら53銀かなー、とそんな程度です。

で正解は53銀だったのです、が!!!

なんと問題が間違っていたらしく、正解が正解ではなくなってしまいました(笑)
出題は羽生二冠と書かれていましたが、実は中村(修)九段が作ったと本人が弁明してらっしゃいました(笑)
確か34歩が図にあるのが間違いで、これは先手の持ち駒にすれば53銀で無事正解、とのこと。
会場からは「やっぱりね」とか聞こえてましたが、もちろん私はそんなところまで考えていません(笑)

というわけで長くなりましたが京急将棋まつり3日目のレポートでした。
完全なる未体験ゾーンだったわけですが、羽生さんにお目にかかれて、握手&サイン!
で、対局姿も拝見できて満足じゃないわけがありません。

明日の通称「佐藤まつり」(笑)も日曜の竜王登場も、盛り上がるんでしょうねえ!
残念ながら明日は無理だけど日曜はまた行っちゃおうかなあ(^-^)
スポンサーサイト

category: 将棋

tb: 0   cm: 2

コメント

素敵なレポートありがとうございました。

とても楽しく拝見させていただきました。

URL | 名無しの権兵衛さん #-
2012/08/11 03:28 | edit

Re: タイトルなし

>名無しさん
コメントありがとうございます。
レポート楽しんでいただけたようで、なによりです(^^)

URL | もりやん #-
2012/08/11 14:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/364-70797be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。