階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

将棋界の一番長い日の前の日  

明日はいよいよ!A級順位戦最終局、通称「将棋界の一番長い日」!です!!
名人挑戦者一名と、A級から陥落する二名がとうとう決まります。
挑戦または降級に関係ない棋士も、来季の順位に関わるので、消化試合というのはありません。
A級棋士のプライドをかけた順位戦、どれも見逃せません、が、
やっぱり注目は橋本崇載八段vs羽生善治三冠
橋本八段は降級が、そして羽生三冠には名人挑戦がかかっている
暫定首位と暫定最下位との対戦です。
順位戦の組み合わせは手番の先後も含めて最初に決定しているので、
この皮肉にも見える組み合わせも1年前から決まっていたことです。

橋本八段は自身が勝って、なおかつ深浦康市九段谷川浩司九段高橋道雄九段のうち二人が負ければ残留、という
A級残留が極めて厳しい状況。

一方羽生三冠は自身が勝てば名人挑戦決定、負けても三浦弘行八段が負ければやはり名人挑戦決定、
自身が負けて三浦八段が勝った場合はプレーオフ、という有利な状況。

二人の対戦成績は羽生三冠から見て4勝2敗、直近では今年度のNHK杯で後手の羽生三冠が勝っていますが
その前二局、昨年度と今年度の竜王戦(の挑戦者決定のためのリーグ戦)ではともに先手の橋本八段が勝っています。(参考→「玲瓏」棋士別対局成績 橋本崇載戦 全成績
両者ともここは絶対に落とせない一戦、激戦必至!です!!


さて、注目の一番を語ったところであらためて、「将棋界の一番長い日」における
A級各棋士の状況をおさらいしてみましょう。

順位氏名段位勝ち数負け数状況
1羽生善治三冠71自力での挑戦の目あり。暫定首位
3三浦弘行八段62プレーオフでの挑戦の目あり
2渡辺明竜王53挑戦の目なし
6郷田真隆棋王53挑戦の目なし
5屋敷伸之九段44挑戦の目なし
7佐藤康光王将44残留決定
10深浦康市九段35降級の目あり
4谷川浩司九段26降級の目あり
8高橋道雄九段26降級の目あり
9橋本崇載八段26降級の目あり。暫定最下位


最終局の組み合わせは以下のとおり。(左側の▲が先手、△が後手)

▲橋本八段-△羽生三冠
▲高橋九段-△三浦八段
▲渡辺竜王-△郷田棋王
▲深浦九段-△佐藤王将
▲屋敷九段-△谷川九段

ではあらためて、各局の紹介を。

▲橋本八段-△羽生三冠
今期A級初参加の橋本八段は暫定最下位、降級の可能性最濃厚の崖っぷち。
対する羽生三冠は暫定首位、名人挑戦権に王手をかけた状態。
対極の立場の両者どちらも絶対に負けられない一戦。今回最も注目度が高い一局。

▲高橋九段-△三浦八段
A級最年長59歳の高橋九段は降級がかかった一番。自身が勝って、なおかつ深浦九段、谷川九段、橋本八段のうち2人が負ければ首がつながる。
三浦八段は自身が勝って羽生三冠が敗れた場合にプレーオフに持ち込める。勝って希望をつなげるか!?

▲渡辺竜王-△郷田棋王
今回唯一挑戦にも降級にも無関係な一番。
しかし両者は現在棋王戦にて激突している最中。
来季の順位にもかかわるこの一番、負けられない戦いには変わりない。

▲深浦九段-△佐藤王将
深浦九段は今まで3回A級に上がって一度も残留できずにことごとく陥落という憂き目に遭いながらも
不屈の根性で今期で4回目のA級参加。
勝てば残留、負けると順位の関係でまたもや悲劇が訪れる可能性が…。四度目の正直、なるか?
一方佐藤王将は残留を決めているものの、現在防衛戦を戦っている王将戦で一勝三敗とカド番に立たされている。
ここは勝って次の大一番へのいい流れを作りたいところ。

▲屋敷九段-△谷川九段
すでに残留を決めている屋敷九段はA級順位戦の先手番で負けなし、後手番で勝ちなし、という
極端に偏った成績を残している。先手番の今回もそのとおりになるか??
後手の谷川九段は31期連続(名人在位期含む)A級に在籍する超一流棋士。
現役ながら将棋連盟の会長職に就いたものの棋士としてはA級陥落の危機に瀕している。
自身が負けても高橋九段、橋本八段がともに敗れれば残留となるものの、ここは勝って残留を決めたいところ。


紹介文を書くだけで心が躍りますが、
この「将棋界の一番長い日」を楽しむにはいろいろな方法があります。

まずは

名人戦棋譜速報(有料)
5局すべての棋譜と解説、そして写真豊富な掲示板でリアルタイムに更新される情報が楽しめます。
現在PCのみですが近々スマートフォンに対応するそうです。
今回のA級のみならず、すべての順位戦と、名人戦が棋譜観戦できます。

日本将棋連盟モバイル(有料)
今回の5局すべてがやはり棋譜観戦できます。名人戦棋譜速報ほどではないものの、写真や記事も一部閲覧できます。
将棋界の注目局がほぼ毎日棋譜中継されます。

が基本ですが
今回の注目はなんといってもスカパー!

スカパー(無料/有料)
なんと、A級順位戦最終局5局をすべて、最初から最後まで、完全生中継!
朝9:30から翌未明2時までが暫定の放送時間ですが、対局が終了するまで”完全に”中継するそうです!
しかも感想戦まで!!!
7チャンネルを駆使して対局中継×5、解説番組、そして5局を同時中継する番組!!
常軌を逸した(最大級の褒め言葉)超巨大編成をやらかしてくれます!!!(笑)
しかも解説番組(囲碁将棋チャンネル)以外は無料放送という大盤振る舞いっぷり。漢だ。
しかし解説陣も超豪華!

もうひとつ動画での中継をやるのが

ニコニコ生放送
当初は全局中継を謳っていましたが、こちらは解説動画のみ、ということ。
こちら会員登録は無料ですが、人数制限がかかると有料のプレミアム会員が優先されます。

そして最後に

大盤解説会

千駄ヶ谷の将棋連盟と、大阪の将棋連盟と、そして愛知の大須演芸場(リンク先pdf)でそれぞれ大盤解説会が開かれます。
特に千駄ヶ谷の将棋連盟での大盤解説会は同じ建物の中で真剣勝負が行われている
その階下でプロ棋士による生の解説が終局まで堪能できます。
(入場できる人数に限りがありますので、参加される方は座席が残っているかどうかご確認いただくとよろしいかと思います。)


とまあこんな感じで、注目度の高さに比例してさまざまなカタチで観戦できるようになっている「将棋界の一番長い日」。
私はどうするのかと言いますと
まず代休を取得しまして、はじめは将棋連盟の大盤解説会に行くつもりでした。

自宅でテレビを独占できない
+自室にテレビがない(アンテナを伸ばせない)
+スカパーが長時間すぎてブルーレイレコーダーでは録画不可能

なので、
じゃあ2/1のラス前の時みたいに棋譜中継を見ながら解説会に行こうかなと
大盤解説会の指定席を前売り予約したのですよ。
そしたらニコ生で全5局中継&解説しますと発表があり、
それじゃあ自宅で観戦しようと大盤解説の予約を(料金振り込む前だったので)キャンセルしたところ、
ニコ生が「ごめん、やっぱ中継はなかったことに☆でも解説はやるよ!」と発表が。
Σうおおおい!と、途方に暮れかけました…。

ニコ生の解説と棋譜中継は見られる、棋譜速報の掲示板も見られる。
うん、でも!でもっ!!
対局している姿が観たいんですよ!!!!!!よ!!!!!!!

………こうなったら奥の手だ。
iOS用の無線LAN TVチューナーというものがございましてね。ええ。
そのうちのSB-TV03-WFRCを買いましてね。
あらゆる電波が届きにくい自室でちゃんと見られるのかとか、色々不安はありましたが、
設置して、iPad miniで地デジ、BS、CSが観られるようになりました!!!
電波のせいかアプリのせいか、ときどき不安定だったりしますが、とりあえず見られます!!!!
録画対応タイプなのでHDDも買い足してみました。
もうこれであとは対局開始を待つばかり!!!

今後もスカパーが見られれば銀河戦の観戦もできますし、
今回これだけの中継をやるということは
もしかしたら名人戦の中継もスカパーでする可能性があるのかもしれないし、
ということで思い切って投資してみました。

でも、この、「対局者の姿が観たい!」という観る将の気持ちを、
ぜひタイトル戦の大盤解説会などでも生かしていただけると嬉しいなあ、と思うのです。
解説会場でも是非対局者の映像を!!

最後ちょっと(?)蛇足になりましたが、
まあなんにせよ明日が楽しみだー!!!!!!!ひゃっほう!(落ち着け)



※観る将…観る将棋ファン。自分が指すよりもプロの将棋を観戦するのがメインのファン。プレーしないけど観戦が好きというのはサッカーや野球などのファンでは当たり前の存在ですが、将棋界ではけっこうニュータイプ。最近かなり増えている。

スポンサーサイト

category: 将棋

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/386-a8766882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。