階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

将棋界の一番長い日  

プロ棋士の最高峰、A級棋士のプライドを賭けた順位戦最終局、
俗に「将棋界の一番長い日」が幕を閉じました。

結果は以下のとおり。


順位氏名段位勝ち数負け数状況
1羽生善治三冠81名人挑戦
3三浦弘行八段72来期順位2位
6郷田真隆棋王63来期順位3位
2渡辺明竜王54来期順位4位
5屋敷伸之九段54来期順位5位
7佐藤康光王将54来期順位6位
10深浦康市九段36来期順位7位
4谷川浩司九段27来期順位8位
8高橋道雄九段27降級。来期B級1組1位
9橋本崇載八段27降級。来期B級1組2位


ということで、名人挑戦は羽生三冠、降級は橋本八段と高橋九段に決定しました。

羽生三冠名人挑戦決定おめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ☆


前日寝付けず、朝方まで起きていたのですが、10時前に目が覚めて、
PCを起動したらちょうど羽生三冠が対局室に入ってらっしゃるところでした。
A級順位戦最終日の朝は将棋会館に入る様子を映すのが恒例のようなのですが
残念ながら見られませんでした。

寝起きのまま慌ててPC、iPadmini、iPhoneを準備して午前10時!対局開始。
平日の朝とは思えないほどtwitterのタイムラインは将棋ファンの皆さんで大賑わい。
深夜までの長丁場だというのに朝から皆さん興奮でテンションMAXです(笑)

PCで名人戦棋譜速報、、ニコニコ生放送、そしてtwitterを
iPadminiでスカパー!を、iPhoneで将棋連盟モバイルを、ということで落ち着きましたが
多元中継とはいえ、見るほうの私がマルチタスクに対応していません!!(^^;;

あっちこっちで棋士のみなさんが5局の対局をめまぐるしく解説くださるのに
私の頭がまったくついていかず、というか1局だって付いていけないのに、完全にオーバーフロー状態…
普段以上に対局内容が頭に入ってこないので、もったいないながらも解説の音声をオフにしたり
雑談だけ聞いて、羽生三冠と橋本八段の対局だけを午後から追おうと決めました。

昼下がり、将棋ファン(将棋クラスタと呼ばれます)の皆さんが息切れして静かになる(笑)
対局のほうも中盤の難所の局面を迎えているせいもあって動きが少ないので、静かでした…
が、今回唯一挑戦にも降級にも絡んでいない渡辺-郷田戦だけは手の進みが速く、
一気に終盤に突入という風情でした。

渡辺郷田戦の戦型は相矢倉。
ここ最近では渡辺竜王も羽生三冠も後手での矢倉に有力な順を見つけられないのか
避けられている印象のある戦法ですが、相手の得意から逃げないことで知られる”剛直流”郷田棋王。
後手での矢倉を受けてちました。
が、先手の渡辺竜王に一方的に攻められ続け、自陣がもはや火の車…。
完全に攻め入られて郷田城は崩壊、そして王手のかかった場面でなんと3時間以上に及ぶ長考に沈みました。
解説も完全に渡辺持ち。8:2くらいの差がついているとのことで、苦しい長考なのでは、という話…

さてそんな長考の間にも他の対局は進みます。
注目の橋本-羽生戦は先手ゴキゲン中飛車対超速と呼ばれる戦いに。
先手と後手を入れ替えた状態では良くあるカタチらしいのですが、
飛車を真ん中に振った相手に対して守りを捨てて速攻を仕掛けて相手の攻めを押さえ込むという戦法が
一手遅いはずの後手からでも通用するのか!?というのが気になる戦いです。
じりじり、じりじりと1手ごとに時間を使いつつ、お互いの攻めをけん制しあう戦いが続きます。

自分の王様の守りを放棄して先手を押さえ込みに行く羽生三冠、
本来守りの要である金まで前に進軍させて、先手の主砲である飛車を封殺しにかかります。
先手の橋本八段はそうはさせまいと手を尽くして後手の攻めをしのぎます。
先手が苦しいか…?と思われたところ、18時の夕食休憩前に先手が勝負手を放ち、さてどうなるか…!?

先手の必死の応戦に、焦ることなく緩急のある手で、確実に先手を圧迫していく羽生三冠…
飛車を封じ込まれた先手は、今までとは逆側の盤面左側に争点を移しました。
が、唯一の先手の優位点であった後手の歩切れまで解消されてしまい、
先手は必死に食い下がろうと、後手玉に銀で王手をかけますが、
その銀を後手が同桂馬としたところで…

ほんの数十秒目を離してから画面に目を戻すと、
橋本八段と羽生三冠のお二人が、荷物を持って移動しようとしている!?
なんと、同桂馬の場面で先手橋本八段が投了されていました。
このタイミングでの投了は驚きでしたが、でももう先手に指す手がないとのこと…。
せめて最後に王手だけでもかけて終りたかったのか、A級陥落の幕を自らの手で潔くひいた橋本八段でした。

スカパー!ではその後の羽生三冠のインタビューや感想戦まで放映されて、ファンとしてはもう、胸いっぱいです。

一番の注目局が23時前に終局しましたが、まだまだ熱い戦いは終りません。
むしろこれからです。

3時間19分もの大長考をした郷田棋王。
持ち時間各6時間ですので、実に半分以上を費やしたことになります。
切れそうな細い攻めをつなげて勝つことに定評のある渡辺竜王相手に
これだけ攻め込まれては非常に苦しいと見られていましたが、
なんとその長考の後に盛り返して、五分になっているのでは…?という話。
解説のプロ棋士の皆さんも一様に驚いた様子。
長考の間にいったい何をどこまで読んでいたのでしょうか。

22時半を過ぎ、先手の猛攻をしのぎ続けた郷田棋王がついに先手玉に手をかける時がきました。
一気に先手玉に襲い掛かり23時16分、渡辺竜王投了となりました。

後手に有力な手がないのではと思われつつある雰囲気の相矢倉を受けてたち、
先手の渡辺竜王に対する信頼もあって一時は後手絶望とまで言われた局面で大長考から、
猛攻をしのぎ切っての鮮やかな逆転勝ち。
カッコよすぎます!!!

これで今期の成績が郷田棋王6勝3敗、渡辺竜王5勝4敗。
順位戦8回戦までは挑戦に絡んでいたはずの渡辺竜王がさらに順位を落とす結果となりました。
また、お二人は現在棋王戦でも1勝1敗で火花を散らす間柄。
この後手矢倉での逆転劇は、今後の棋王戦に影響をもたらすのでしょうか…??

残るは降級戦線です。

A級(名人含む)在籍31期連続の記録がついに陥落の時を迎えてしまうのか
大注目の屋敷-谷川戦でしたが、屋敷九段の先手番での強さを破ることはできず、
0時12分谷川九段、無念の投了…
多くの将棋ファンが嘆息した瞬間でした。
そしてこの瞬間に深浦九段の残留が決定。

深浦-佐藤は佐藤王将の誘導で、佐藤王将得意の大乱戦から、一転落ち着いた戦いになっていましたが
佐藤王将が主導権を握った本局、最終的に佐藤王将が勝ちきり、0時33分深浦九段は無念の投了。
自身の残留がすでに決まったことなど知らない深浦九段。
今までA級に上がった時はに3回すべて1期で降級の憂き目に逢ってきたその顔面は蒼白。
投了後の感想戦でも声が出ず、しばし無言でうつむいていました…

最後に残ったのは高橋-三浦戦。
本人は無論知らないものの三浦八段にはすでに挑戦の目はなくなっています。
しかし高橋九段は勝てば残留負ければ降級し、その代わりに谷川九段が残留という一番。
全将棋ファンの目が残ったこの対局の行方に注がれました。

戦型は高橋九段の得意な”横歩取らせ”本来先手が取る横歩を後手に取らせる、という風変わりな戦法です。
先手不満なしという展開で進んでいましたが、終盤になって後手優勢との解説。
しかし簡単に終るわけには行かないA級最年長の高橋九段。
最終盤で先手に勝ちの順があったようですが、つかみきれず、0時55分ついに力尽き、高橋九段投了。

これにて谷川九段の残留と高橋九段のA級陥落が決定しました。

この結果を受けての来期のA級順位戦線は、以下のとおり。

順位氏名段位勝ち数負け数状況
1羽生三冠または森内名人 - - - 名人戦敗退者
2三浦弘行八段 - -
3郷田真隆棋王 - -
4渡辺明竜王 - -
5屋敷伸之九段 - -
6佐藤康光王将 - -
7深浦康市九段 - -
8谷川浩司九段 - -
9行方尚史八段 - - B級1組から昇級
10久保利明九段 - - B級1組から昇級


”鬼の棲家”と呼ばれるB級1組から勢いのある者が勝ち上がっても
たった1期で無念の陥落に遭ってしまうA級に棲まうのは、はたして神か悪魔か…
来期のA級順位戦も大変な激戦必至です!


去年の名人戦のちょっと前から将棋に興味を持ち始めた私にとっては
初めての「将棋界の一番長い日」。
どんななのかとワクワク楽しみにしていましたが、期待を裏切らないどころか
それ以上の感動と興奮の一日でした。
名人戦の予選でもある順位戦ではありますが、特にA級の最終局はむしろタイトル以上の大盛り上がり。
将棋界総出の一大イベントという感がありました。

ニコ生やスカパー!、そしてtwitterで同じく順位戦を戦い続けているプロ棋士の方々のコメントが
時に残酷であり、そして生々しいものだったのがとても印象的でした。
同じ戦場に身を置くものだけがもつ思いのようなものがにじみ出て伝わってくるようでした。

そしてそれをリアルタイムで味わい尽くせたのは本当に幸せです。
観戦した皆様、中継や解説に携わった皆様、そしてなにより対局者の先生方、お疲れ様でした…!
スポンサーサイト

category: 将棋

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/387-a5eef0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。