階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第86期棋聖戦5番勝負閉幕  

以下の記事を7/30に書いてそのまま公開し忘れてタイミングを失っていたので今更こっそり公開します。(10/18)



第86期棋聖戦5番勝負が閉幕しました。

前期王座戦に続いて今期の棋聖戦の挑戦者に名乗りを上げた豊島将之七段は以前から若手筆頭との呼び声の高い実力者。
電王戦での大舞台を経て、ここ最近さらに勢いと迫力を増した感がありました。

前期王座戦では羽生善治王座2勝から2つ返されてのフルセットという展開だったので
棋聖戦も競り合うことになるとちょっと…どうかなと少し不安に思っていたところもありましたが
結果的には3勝1敗での防衛、ということになりました。

羽生さんの調子も、名人戦が終わってから徐々に上がってきているように感じています。

が。

決着局となった第4局は衝撃的でした。

相掛かりの乱戦模様で即終盤に入るような展開で、
先手の羽生棋聖が桂得したものの玉形差もあって難しい局面が続いているとう状況から問題の局面が訪れます。

69手目 ▲6三歩

先手の羽生棋聖が唯一の持ち駒である歩を、後手の金の頭に打ちました。
「一歩千金」という格言があるように、歩はとても大切な駒です。
プロの将棋では歩を使った手筋がとても頻繁に出てきますし、1枚の歩があるかどうかが勝負を分けることもあります。
しかも持ち歩が何枚もある場合ならまだしも、たった1枚しかない持ち駒の歩は本当に貴重です。
その、大切な歩を相手の金の頭に打ちました。

70手目 △6一金

持ち時間4時間のうち45分じっくり考えて、豊島七段は金を1マス下に引きました。

この△6一金とされて先手に有効な手がどうも見つからない、と解説されていたところ…

71手目 ▲6二歩成

将棋に詳しくない方でも図を見れば一目瞭然だと思いますが、
この成った歩を先ほど引いた金で取れば盤上は▲6三歩を打つ前の状況とまったく同じになります。
違うのは、羽生棋聖の持ち駒の歩が豊島七段の持ち駒になることだけ。
つまり、タダで歩をあげたのと同じことです。

私もそれはそれはびっくりしましたが、見ているプロ棋士も全員度肝を抜かれたようです。

こちらでわかりやすくまとめられています

棋聖戦第4局、反省し鬼と化した羽生善治棋聖が防衛。直前に打った歩をタダで成り捨てる▲6二歩成!これが羽生マジックか
(将棋ワンストップ・ニュース)

羽生善治棋聖が見せた衝撃の反省力。打った歩を直後に成り捨てる▲6二歩成、感想戦では「まあ、ちょっと恥ずかしいんですけど」
(将棋ワンストップ・ニュース)


ニコ生解説の
鈴木大介八段は「ウソでしょ!?えっウソでしょ??」と動揺を隠さず
棋譜中継のコメントでは


これはなんと! 思わず目を疑う手だ。
羽生の指した▲6二歩成は、直前に指した▲6三歩を完全否定する手。まったくの1歩損、それも貴重な最後の1歩だ。だがそれでも、自身の間違いを認め、反省して成り捨てるしか、この将棋を戦う術がないと判断したのだろう。苦渋の決断に要した時間は27分。


と書かれています。


誰がどう見ても、直前の自分の判断は間違っていましたと間違いを認めた手です。
20年以上第一人者という立場の人が、タイトル戦という大舞台で。
打った歩を成り捨てるのが最善だと冷静に判断して、そして実行できる精神力に衝撃を受けました。


実際には豊島七段は、当然好機と見たのでしょう、成った歩を無視して先手玉に襲い掛かりました。
この気持ちもわかるような気がします。
直前に打った歩を成り捨てるなんていう明らかなミスです。
最大限に咎めたくなりますよね。

しかし、結果的にはここで歩で叩いて玉を釣り上げたのが「攻め急いだ手」だったようで、
ここから形勢の針が先手に傾いていき、99手をもって豊島七段の投了そして羽生棋聖の勝ちとなりました。

この勝利で羽生棋聖は棋聖位連続8期(歴代一位)通算14期、タイトル通算92期と記録を伸ばしました。


並行して行われている第56期王位戦でも広瀬章人八段を挑戦者に迎えて
現在第二局まで終了して羽生さんの2勝0敗です。
続く第63期王座戦でも今度は佐藤天彦八段が挑戦者に決定していて、若手の挑戦を受ける構図が続きます。

若手の将棋をも吸収して力に変え、さらに強くなっているようにすら見える
羽生名人の将棋を観るのが今後も楽しみです( ´▽` )

スポンサーサイト

category: 将棋

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/414-987b5ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。