FC2ブログ

階段下のがらくた部屋

ハリー・ポッターの感想・考察から日々の雑事まで。だったのが色々あって将棋とか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

永世七冠達成お祝い  

羽生竜王が永世竜王資格を獲得したことで、いわゆる「永世七冠」が達成されました。
未来のことはわかりませんが、おそらく空前にして絶後の偉業だろうと思われます。

おめでたい!お祝いしたい!という気持ちがあふれ出た結果、作ったものをご紹介します。


祝永世七冠ページ



皆さまが羽生竜王を祝福する素敵なイラストなどを続々と発表されるのを横目で見つつ、
黙々と作っていました。
私は羽生さんを応援するにあたってジンクスや願掛けはほとんどしないんですが、
唯一守っているのが「先にお祝いを用意しない」です。
祝杯用のお酒を先に買ったりしないとかそういうことですね。
なのでこれもシリーズ終了後に作り始めました。
もっと早くできるかなー?と見込んでいたら、まあ普通に平日でしたし、
決着から5日も遅れてのお祝いとなってしまいました。

動画ではなく、HTMLにcssとJavaScriptで動かしています。
(再度動かしたい場合はリロードしてください)
まわりに降っている駒がJavaScriptで、あとはcssです。
降っている駒は最初は花吹雪の予定だったのですが、画面全体に将棋要素が薄いので駒がいいかな?と。
駒なら龍王だよね、と。

背景には第30期竜王戦の羽生竜王の勝局の符号と、龍と鳳凰が対峙しているシルエットを配置しています。
龍と鳳凰のシルエットは、自分で描くとなるとさらに時間がかかるのと、
探したらイメージにぴったりな素敵なイラストと出会ったため
素材サイトにて利用権を購入して使わせていただいています。

レスポンシブにしたので、どんな解像度のデバイスでも問題ない…はず。
PCでご覧の方はブラウザのサイズをうにうにと変更して遊んでみてください。


■永世七冠達成記念ハンドミラー



何か現物として手に取れる、カタチに残るものを作りたい!と思っていたんですが、
体調を崩したうえにいろいろと忙しかったのと
コスト、サイズ、実用性…などを考慮すると何を作るかもなかなか決まらず、
年が明けて竜王就位式も終わってからようやく時間ができて
1月末に予定していた、お手伝いをしている解説会に間に合うかなー?ギリギリ無理かなー?と
以前利用したことのある缶バッジの業者さんのサイトを見てみたら

なんということでしょう
特急なら、明日までに入稿して発注すれば間に合うな…間に合ってしまうな…
というわけで、わりと突貫で作りました。

作るにあたっては、えーっと、あらゆる方面の権利を侵害しないようにというのが大前提で。
お祝いで作ったものが、まかり間違って誰かにご迷惑をおかけするようなことになっては本末転倒なので…

羽生竜王のイメージは鳳凰だろう、ということで
お祝いページで背景に使ったようなシルエットの鳳凰を採用。
こちらは自分で描きました。
背景の白地は、本当はメタリック仕様がいいなあと思ってたんですけど、
特殊仕様にすると納期が延びるため断念。

周りの英字は
「THE MAN WHO GAINED ALL SEVEN ETERNAL CROWNS」
(七つすべての永世称号を獲得した男)
と書いています。

あと、ひっそりと折り返した裏のフチの部分にも小さく文字を入れています。
見切れてしまうのが前提の位置なので、
現物を見るまでちゃんと文字が見えるかどうかわかりませんでしたが…
業者さんがいい仕事をしてくださいました。
こちらは実物を持っている方だけ確認してみてください。

ハンドミラーなんですが、缶バッジの裏面にピンの代わりに鏡が埋め込まれている、といったモノです。
直径57mmで手のひらにすっぽり収まる、ちょうどいいサイズで実用的です。
お持ちの方はぜひぜひ、日々の生活でお使いくださるとうれしいです。

これは私の「お祝いしたい」「何かカタチに残るものを作りたい」「祝福の気持ちを皆さんに振舞いたい」といった気持ちが表出した結晶なので
お祝いしてくださる方々に無償で振舞いました。
皆さんに祝福&喜んでいただいたようで、とても良かったなと(*´ω`*)

スポンサーサイト

category: 日記?

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greeny.blog7.fc2.com/tb.php/431-b5d9438f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。